猫のQ&A 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. ペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の病気
  4. 猫のQ&A
  5. 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答
  6. 病院でFIP抗体が見つかりました。発病の可能性と、何に気をつければいいか教えて下さい。

猫のQ&A

病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問

こんにちは。生後半年の雑種猫がついこの間ブドウ膜炎という病気にかかったので、病院で血液検査をしてもらいました。その結果、FIP抗体が少し見つかったそうです。この場合FIPという病気が発症するかもしれない可能性はどのくらいなのでしょうか?どのようなことに気をつけたらよいんでしょうか?
(兵庫県 スライム さん)

FIPに関する詳しい解説は下記を参照してみてください。
町の獣医さん・猫科:猫伝染性腹膜炎(FIP)

1歳未満でブドウ膜炎を発症し、なおかつFIP抗体価が高く、また血中蛋白の増加や黄疸、腹水などの臨床症状を伴えば、かなりの頻度でFIPが発症しています。なんら症状が認められない場合、FIPの抗体価ハコロナウィルスの感染症によるものだけの場合が多いです。FIPが発症するかどうかと言う時の注意点はストレスを避ける事です。ネコで一番のストレスは多頭飼育ではないだろうかと考えられています。そのために、FIPの発症は多頭飼育の家庭に多いというのが最近の考え方です。昔は多頭飼育同士で感染するからだろうと考えられていましたが、ストレスからコロナウィルスがFIPに変異しやすくなるんですね。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

猫の病気Q&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る