猫のQ&A 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. ペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の病気
  4. 猫のQ&A
  5. 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答
  6. 尿路尿石症の手術について、デメリットも兼ねて教えてください。

猫のQ&A

病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問

アメリカンショートヘアーの雄猫4歳です。一年前に尿路尿石症になり、最近再発しました。動物病院の先生によると体質的なもので、療法食で改善するように言われ、療法食を与えていましたが、全く食べません。猫の為に手術をする事が一番最善と思い、先生に相談したところ「手術を行う事により今まで詰まっていた結石は排尿と一緒に排出されるが、膀胱内の結石は逆に大きくなり、開腹手術が必要となる(95%以上)と言われました。物理的に理解出来なかったので、色々HPを見たりして手術後の事を調べましたが、そのような悪い例は見当たりませんでした。手術を行う上で、デメリットも兼ねて教えて下さい。宜しくお願いします。
(kiyopiさん)

手術のデメリットは、麻酔の危険と経済的に費用がかかることです。
細かな結石であれば会陰尿道漏増設術で結石の詰まりは回避できますが、結石そのものの生成は続くので膀胱炎は治りません。また大きな結石が詰まることもまれにあります。
通常は手術をした猫も食事療法が必要です。

■病名から調べる猫の病気:猫の尿石症
■猫と暮らす生活百科:猫の麻酔

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

猫の病気Q&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る