猫のQ&A 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. ペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の病気
  4. 猫のQ&A
  5. 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答
  6. ウィルス性鼻気管炎の猫でも、ワクチン接種をした方がいいでしょうか?

猫のQ&A

病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問

日本猫1歳です。家の物置に近所の外猫が子供を産んだのですが、母猫が亡くなってしまい、保護しました。風邪症状があったので、動物病院で受診したところウィルス性鼻気管炎でした。その獣医さんはとても信頼できる先生です。ワクチン接種のことを尋ねると、「その猫の姉妹は発症はしていないが、母子感染でキャリアーの可能性が高く、ブースター効果(※)で病気が再発してしまうかもしれないので、外に出さないよう気をつけて、注射はしない方がよいでしょう」との事でした。
(※ブースター効果・・・1年に1回ワクチンを追加接種することによって、下がってきた抗体価を再び上昇させ、免疫力を上げること。)

その後、他県に引っ越して、新しい動物病院に行ったら、「体調の良いときに接種した方が良いでしょう」との事ですが、どうしたらよいでしょうか?新しい獣医さんは、5種を打った方が良いと言います。病気の再発は心配ないのでしょうか?
(ももぼんさん)

ウィルス性鼻気管炎感染猫でも、ワクチンは接種した方がよいです。
外出しない猫でしたら、3種で充分でしょう。
猫のワクチンはウィルス性鼻気管炎のためというよりも、パルボに感染しないために打つようなものですが、ワクチン接種によりウィルス性鼻気管炎の重症化を抑える効果も期待できます。
鼻水などの症状が見られる場合は、抗生剤を投与して症状を抑えてからの注射になります。

■病名から調べる猫の病気:猫の上部気道感染について(ウィルス性鼻気管炎・カリシウィルス感染症)
■猫と暮らす生活百科:猫のワクチンについて

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

猫の病気Q&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る