猫のQ&A 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. ペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の病気
  4. 猫のQ&A
  5. 病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問と回答
  6. 腎不全の治療は点滴を打つという方法しかないのでしょうか?他に良い方法はないのでしょうか?

猫のQ&A

病気、治療、ワクチン、寄生虫、防虫についての質問

以前、腎不全で亡くした子が2匹います。腎臓が悪いとわかった時から、1週間〜3日に1度は病院で皮下点滴を打ち、症状が悪化すると入院し、少し回復しては通院の繰り返しでしたが、約1年間頑張ってくれました。最後はガリガリに痩せてしまって、口の中全体に口内炎が出来て何も飲めなくなり、2匹とも辛そうに亡くなっていきました。

今現在、18歳の子が同じ状態です。骨と皮だけのガリガリに痩せて辛そうなのを見ると、嫌いな病院に連れて行き、痛い点滴を続けさせているのが果たして最良なのか?もっとこの子にとって辛くない、良い方法はないのか?と毎回思います。

猫は元々腎臓が弱く、高齢になると腎臓の病にかかりやすいと聞いた事がありますが、通院して点滴を打つという方法しかないのでしょうか?長期間の通院や点滴は、本人も飼い主も疲れ果ててしまいます。治らないのなら、出来る限り辛くなく逝かせてあげたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?また、他の子がなった場合どうすれば良いのか、今後の為にも教えて下さい。

投稿者:のんっちん さん

ダメになった腎臓の細胞は再生することがありません。基本的に腎臓は元に戻ることはないので残った腎臓をいかにもたせるか、腎性の非再生性貧血をどうやってしのぐかなのですが、決定打がありません。

点滴や補液をするのは脱水を緩和するためで、腎臓がよくなるわけではありませんが腎不全の猫は脱水していることがほとんどですから一旦元気になることが多いです。人ですと透析がありますが、動物は透析の間の2時間から4時間じっとしつづけ、しかも週に3度それを生涯続けるというのは現実的ではありません。

腎不全の治療法としては、クレメジンなどの吸着物質の投与とACE阻害薬での腎血流量の確保、高血圧の予防、胃炎、胃潰瘍対策のH2拮抗剤、この3種類の薬で対処するのが通常の内科療法になります。脱水時にはその都度、補液で水分を補給でよいと思います。まだ普及はしていませんが腎移植という方法もありますが、移植された腎臓の定着率はあまりよいとは言えません。

■病名から調べる 猫の病気:猫の腎不全

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

猫の病気Q&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る