猫のQ&A 猫の体、猫の気持ち、高齢猫についての質問と回答

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. ペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の病気
  4. 猫のQ&A
  5. 猫の体、猫の気持ち、高齢猫についての質問と回答
  6. 犬や猫には肛門腺があって、絞ってあげたほうが良いと聞いたのですが、本当でしょうか?

猫のQ&A

猫の体、猫の気持ち、高齢猫についての質問

肛門腺について、質問したいと思います。犬や猫には肛門腺があって、絞ってあげたほうが良いと聞いたのですが、本当でしょうか? これはすべての猫に当てはまるのでしょうか? (静岡県 mumuさん)

肛門の下に二つ袋があって管で肛門の見えるか見えないかという所あたりに2カ所、時計でいうと4と8のあたりに開口しています。排便時によく観察すると、ここから数滴液体を出すのがみれるときもあります。 室内飼育の場合はこの臭い付けの機会が少なくなり肛門腺の袋は常にたまりがちになります。本来はさらさらした液体ですが、貯留時間が長いとペースト状に固まってきます。 排出する管をこのペーストが塞いでしまうと出口を失った袋が一杯に膨らんで破裂してしまうこともあります。月に1度くらいしぼってやるとこのパンクを防ぐことができます。肛門腺の破裂はモノスゴイ痛いのです。 しかし、この肛門腺しぼりはちょっとやそっとでは修得できるものではないのです。お座りのポーズで床にお尻をこすり始めたら要注意です。ペットショップか動物病院で絞ってもらってください。「肛門線絞り」について詳細は「犬の床屋さん(肛門腺絞り)」をご覧下さい。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

猫の病気Q&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る