1. 【分野別で調べる】目

猫に関する専門用語 猫用語事典 目

【ブドウ膜炎】
ぶどうまくえん
ブドウ膜炎とはブドウ膜の一部または全部に炎症が起こる病気。眼にあるブドウ膜とは、瞳の周り(猫の場合、金色やブルーなどの部分=虹彩)とその周辺の組織(毛様体・脈絡膜)のこと→詳しくはこちら
【ホルネル症候群(ホーナー症候群)】
ほるねるしょうこうぐん(ほーなーしょうこうぐん)
ホルネル症候群とは、瞬膜が飛び出たり、眼球が陥没するなど目の部分に表れて見える病気で、脳幹、胸部脊髄の神経障害、頸部の外傷などによって起こる。→詳しくはこちら
【緑内障】
りょくないしょう
緑内障とは、眼球内の房水という液体が上手く循環されず、房水が溜まることによって、眼圧が高くなり視力障害を起こす病気です。ひどくなると、視力を失う病気です。
特徴的な症状として、瞳孔が開きっぱなしになる散瞳があります。
進行すると牛の眼のように眼球が大きく飛び出る「牛眼」という状態になり、そうなると痛みも伴うので、眼球摘出となってしまう事もあり得ます。
≪猫用語事典トップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る