1. アイリスペットどっとコム
  2. 犬といっしょ
  3. 病名から調べる犬の病気
  4. 犬の尿石症

病名から調べる犬の病気

犬の尿石症

犬イラスト
尿石症(尿路結石)とは、尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石という固形物が形成される病気です。結石の大きさは様々ですが、物理的な刺激により尿路の炎症を起こしたり、尿管や尿道に大きな結石がつまることにより尿が排出できなくなって、尿毒症や膀胱破裂など重篤な病気に発展する場合があります。
種類
尿石はいくつかの種類があり、原因や尿石のある場所、治療方法は種類によって異なります。

(1)ストルバイト
尿石の成分 ストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)
尿石のできる場所 膀胱など
特徴 アルカリ性の尿でできやすい

(2)シュウ酸カルシウム
尿石の成分 シュウ酸カルシウム
尿石のできる場所 膀胱、腎臓、尿管、尿道など
特徴 どのpHの尿でも(アルカリ性〜酸性)できやすい

(3)その他の種類
その他、シスチン、シリカなどの尿石もありますが、あまり見られません。
原因
(1)食べ物・お水に含まれる物質
尿石の種類 ストルバイト、シュウ酸カルシウム

尿石は、食べ物・お水などから摂取されたカルシウム、マグネシウム、リン、尿酸、ケイ酸などのミネラルを材料に作られます。これらを多く含む食餌を過剰に、あるいは日常的に与えることによって、尿中に排泄されて尿結石形成の危険が増します。

また、感染症などによる炎症が背景にあると、尿中のタンパクや細菌と、これらの物質が結合しやすくなります。


(2)飲水量の減少
尿石の種類 ストルバイト、シュウ酸カルシウム

飲水量の減少で尿量が少なくなることも、尿の濃縮により結石の形成が助長されます。膀胱内でアルカリを生産する細菌が増殖すると尿のpHが上昇(=アルカリ性に傾く)して結石の原因になりやすくなります。


(3)細菌感染
尿石の種類 ストルバイト

ストルバイト結石は、原因のほとんどが細菌感染によるものと考えられています。


(4)遺伝的要因
犬種によって結石ができやすい犬種があります。ダルメシアンは遺伝的に尿酸の代謝が悪いために多くの犬に尿酸結石ができてしまいます。また、シーズーはストルバイト、シュウ酸カルシウムともに好発します。シュナウザーもシーズーに次いでよく結石のできる種類です。
症状
膀胱炎を起こして血尿になることが一番判りやすい症状ですが、その前兆候として何度も何度もトイレに行くが出る尿の量が少ないとか、オシッコをするときに変な格好をしているように見えたり(痛がっていたり)、陰部を非常に気にする仕草をすることがあります。トイレで踏ん張る仕草は便秘をしている様に見えることがあります。

尿がまったく出ない場合は尿結石がどこかに詰まっている可能性があり、2日以内に閉塞部位を解除しなければ命に関わることもあります。雄では雌よりも尿道が狭く長いため、放置すると、尿がまったく出ない重症状態に発展することが多いです。犬はオチンチンに陰茎骨という骨があります。どこにも繋がってない数センチの骨ですがこの骨の始まり部分で結石がつまる事が大変多いです。また雌犬で閉塞を起こすのは大変まれですが絶対に詰まらないわけではありません。
診断
  • 身体検査
    触診によって尿道閉塞で膨らんだ膀胱、また水腎症により大きくなった腎臓が確認できます。
  • 尿検査
    血尿、蛋白尿、結晶尿、細菌尿、尿pHを調べます。
    尿中の結晶から尿結石の種類(ストルバイトまたはシュウ酸カルシウム)を推定することができます。
  • X線検査・超音波検査
    尿結石の存在を確認します。尿結石は一般的にX線不透過性ですが、透過性の高いものや厚さの薄いものは確認が困難です。ストルバイト結石はかなり大きなものでもレントゲンに写らない事が多いのでレントゲンのみでの診断はできません。
  • 血液検査
    腎臓機能の状態などを調べます
治療
  1. ストルバイトの場合

    尿結石の溶解を行います。溶解の基本は専用の食餌(療法食)により尿中のアンモニウム、マグネシウム、リン酸の濃度を下げ、尿を酸性化することです。膀胱内結石の溶解には1〜4ヶ月、腎結石ではそれ以上の期間が必要です。
    尿石症は膀胱炎を起こすので抗生剤の投与も必要です。
    重度の尿結石や、尿道カテーテルで開通できない尿道閉塞の場合は手術が必要なこともあります。
  2. シュウ酸カルシウムの場合

    シュウ酸カルシウムは一度できてしまうと溶解しませんので、手術をして尿結石を取り除く必要があります。
予防・対策
日頃の管理でもっとも重要な対策は食餌です。毎日の食習慣において総合栄養食以外の物(おやつなど)を与えていてはせっかくの栄養バランスが無駄になってしまいます。いくら健康に必要な栄養素でも余分に摂った分は利用されずに尿中に排泄されて、結石症などのリスクを高めることになりかねないのです。

尿路結石の発生メカニズムは詳しくは分かっていませんが、体質に依るところが大きいので過去に発症履歴のある犬では特に注意が必要です(非常に再発率の高い病気です)。

症状が悪化する前に、異常に気付いてあげることも大切です。食欲や元気もそうですが、きちんとオシッコをしているか、量や回数は普段と変わりがないだろうかなど、トイレの時間もまたワンちゃんの健康をよく表しています。

また冬季は飲水量が減るので、発生しやすい時期と言えます。注意しましょう。
犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る

ペットキャリー特集

日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。