野外に犬を連れ出そう!海編

アイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 野外に犬を連れ出そう!海編

犬と遊ぶ・楽しむ

野外に犬を連れ出そう!海編

イラスト

犬と一緒に外で過ごすとこれまた楽しさ倍増です。
意外な犬の一面も見れるかも。
今回は水辺に犬を連れて行くときの注意点をご紹介します。

1.人が多いところでは・・・

<ノーリードはNG!ちゃんとリードをつけましょう。>
海水浴場など人の多い所で放すのは絶対ダメ。
自分の犬は絶対大丈夫という自信があっても、犬は怖いという人達にとっては恐怖以外の何ものでもありません。人のいない場所、時間をきちんと考えましょう。もちろん小型犬も気をつけなくてはいけません。
犬は小さいすばやく動くものに対して、本能的に追っていって捕まえる行動をとってしまいがちです。いわば狩猟本能というものです。
まれに海水浴で大型犬にかまれたと小型犬種がやってきますが、多くは走ってる最中に大きな犬に襲われるというパターンです。狩猟本能でガブッといきますからじゃれ付いて噛むようなあまがみではなくかなりの重症を負う場合が多いです。

イラスト

<排泄の後処理は飼い主の責任>
ウンチの後始末はキチンとしましょうこれはもう当たり前ですね。砂浜で遊んでいて気がついたら向こうでウンチ中の愛犬が…。
砂でウンチが隠れてしまってウンチをブニッと踏んでしまうことがないように、ウンチ袋は必須用品です。

イラスト

▲このページのトップへ

2.波打ち際で遊ぶなら・・・

波に注意して遊ぼう岸にある棒を海に投げて犬に取らせて遊ぶ…なんてこともありますね。
そんな時投げる場所、海面の様子などをチェックして波が大きくないか、犬が取って帰ってこれる距離を考えて投げてあげましょう。
いつもの平地のような気分で思いきり投げる前にちょっと力加減をして短い距離から投げ、愛犬が余裕で取って帰ってきたら徐々に投げるのを遠くにしていくようにしましょう。

波がある程度大きな場合は寄せた波が沖に帰る道が存在します。リップカレントと呼ばれますがかなりの速度で沖にもって行かれます。波が大きければカレントの速度も速くなります。カレントの特徴としては他より波が小さくなり、波で生じた泡が沖に向かって流れるのが見えます。脚がつかない状況で慌てた場合、人間は波の無いところに行こうとしてこのカレントにつかまり沖に流され溺れる場合が多いです。カレントに逆らって泳いでも人間や犬の泳ぐ速度よりも速い場合が多く、結局力尽きて溺れます。

「カレントにはまった!」と思ったら岸に向かって泳ぐのは止めます。沖に流される恐怖はありますが岸と平行に横に移動します。カレントの幅は台風の波や近くに堤防が無い場合を除けば20m程度ですから横に泳ぐと簡単に脱出できます。その後岸に向かって泳げばいいんですね。犬にはこれが理解できませんから飼い主が注意するしかありません。

イラスト

▲このページのトップへ

3.もし犬が溺れたら・・・

犬がみんな泳ぎが上手と思っていてはいけません。犬にも泳ぎが上手、下手というのが存在します。
海辺や川辺に病院があるとは思えませんので応急処置を簡単に説明しておきます。
意識がなく呼吸もしていない場合は後ろ足をもって逆さまにします。ぶら下げたまま上下にゆするか胸部を圧迫します。肺の内部に入った水をこれで除去してから人工呼吸に移ります。

脈の有無は股の付け根の股動脈がわかりやすいですが、直接胸に耳をあてて聞いたほうが簡単かもしれません。心臓マッサージは技術的にも難しく、肺を損傷しますので手をつけないほうが無難かもしれません。

犬の人工呼吸は舌を引っ張り前方に引き寄せて気道を確保し鼻と口まとめてくわえ、鼻の穴から息を吹き込みます。何度か肺に空気を吹き込むとごぼごぼと音がしますので適時逆さまにして水を排出します。水の入った肺にいくら空気を吹き込んでも意味がありません。小型犬の場合は吹き込み過ぎに注意です。あまりに高圧をかけると肺胞がやぶけますから注意。

イラスト

▲このページのトップへ

4.海で遊んだ後は・・・

日陰をキチンと確保しておきましょう。海辺での注意点としては塩水を飲みすぎて吐く場合がありますので脱水に気をつけます。飲み水などをいつもより多めに持っていきましょう。
熱射病もよくおきますので日陰は必須。
熱射病のトップは車内での留守番ですから、ほんの短時間でも締めきった車内に犬を放置するのは危険です。とくにパグなどの短頭種はこれでの死亡例が多いです。
耳の内部に砂が入る場合がありますので、多く入った可能性のある場合は病院で洗浄をしてもらうとよいでしょう。
また海に入った後は体を洗ってあげましょう。ポリタンクに水を入れて洗うというのも方法の一つです。洗う時にガラスで肉球などが傷ついていないかどうか足の裏などをきちんとチェックも大切です。

【その他水辺で実際におきた症例】
■釣り針が刺さった。釣り針を飲んだ。
■釣り餌を食った。
■はしゃいで貝殻(牡蠣)がたくさんあるところを走ってパッド(肉球)を切り裂いた。
■打ち上げられた腐った魚を食った。
■バーベキューの盗み食い。
■はしゃぎすぎて行方不明になった。連れ去られた。

十分に注意して、愛犬との海での遊びを楽しみましょう!

イラスト

▲このページのトップへ

最後に…
海で愛犬と楽しく遊ぶ為にも飼い主が周りの環境、愛犬の様子に十分な注意を払わなければいけません。
事故や怪我のない楽しいお出かけになるように心がけたいものですね。

おすすめコンテンツ

▲このページのトップへ

≪犬と遊ぶ・楽しむのトップへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター