1. 嫁の実家のチワワが私にべったりなのですが、嫁には嫉妬され、義妹にはムカツクといわれてしまいます。…

富士丸の飼い主 穴澤 賢の犬のお気楽相談室

【相談内容】
穴澤さん、こんにちは。
うちではペットを飼っていないのですが、嫁の実家でチワワ(オス5歳)を飼っています。
たまに遊びに行くのですが、なぜかとてもなついてきて常にベッタリそばにいます。
私も犬は好きなのでそのこと自体はうれしいのですが、血中犬濃度が低下している嫁から激しく嫉妬されます。
さらに、本当の飼い主である義妹にはあまりなつかないみたいで、私と仲良くしていると”ムカツク”とまで言われてしまいます。
穏便に済ませたいのですが、どのように対応すればよろしいでしょうか?

神奈川県 ヤマチャンさん(男性)
【穴澤 賢の回答】
同じ男として、お気持ちお察しいたします。嫉妬深い女性には困りますよね。しかも「いわれのない嫉妬」ほどやっかいなものはありません。たとえば、仕事関係の飲み会の席に女性がいたといっただけで機嫌が悪くなったり。「なんもないよ」と慌てて否定したら、今度はその慌てっぷりが怪しいといわれ。さらに昔付き合ってた彼女の話を聞かれて、これこれこうだったと素直に答えたら怒り出したり。聞くから答えただけやのに、しかも過去のことやのに、なんでそんなことで怒られなアカンねん、と思いますよね。しかし女心というのはそういうものらしいです。難しいですね。

ご相談の件も、完全にこの「いわれのない嫉妬」の部類に入ります。そうしたとき、男はどのように対処すればいいのか。それは、普通にしていればいいのです。男というのは、たとえやましいことがなくても、女性から問い詰められるとついついおどおどしたり、ビクついたりしてしまうものです。なんか恐いからです。その結果、一瞬平常心を失い、無意識に目が泳いだりしてしまいます。そうした仕草を女性は絶対に見逃しません。

「ははーん、さてはコイツなんか隠しとるな」となります。男はますます慌てます。このあたりで、女性は白か黒かの判断は、おおよそついているはずです。しかし、いい機会だからと面白がって、演技までしてさらに追い詰めようとすることもあります。女は恐ろしいのです。このときに男が決してやってはならないのが「なんか、ごめんな」という態度です。その瞬間、女性は「何に対してのごめんやねん、なんか謝ることでもあるんかい」と怒り出してしまうからです。

こちらとしては、なんとなく気まずい空気を和らげようとした言動が、眠った虎をゆさぶり起こしてしまう結果になるのです。女性というのは、明確な理由のない謝罪は認めてはくれません。謝るなら謝るで、何に対して悪かったのか、きちんとレポート用紙にまとめて提出しなければならんのです。だから「なんか、ごめんな」などという中途半端な詫び方はかえって逆効果なのです。しかも何も悪いことをしていないのなら、そもそも謝る必要などないわけです。

ご自分の胸に手をあてて考えてみてください。実家の犬が、あなたに寄り添って嫁の機嫌が悪くなったと感じた際、「なんか、ごめんな」と変に気を遣ったりしてませんか。もしもそうなら、今後はそんなこと一切気にせず普通にしましょう。「そんなこといわれてもなぁ」と男らしく答えていればいいのです。そのうえで「わかったわかった、ほら、お前もだっこしな」と犬を優しく抱き上げて渡してあげましょう。

あと、文面から察すると義妹さんは恐らく独身なのでしょう。だとすると、単純な嫉妬とは少し違う側面も見えてきます。そこには「何よ、姉ちゃんは幸せそうじゃないの、旦那なんか連れてきてさ。どうせ私は未だに独身ですよ、でも学生時代は私の方がモテたのよ、それなのに、犬まで私を馬鹿にして、フンッ」というやっかみが混ざっているのかもしれません。それらをひとことで「ムカツク」と表現している可能性があります。

その場合は、義妹さんを褒めちぎってあげる必要があると思うのですが、そうすると今度はお嫁さんの機嫌が悪くなることでしょう。うーん、難しい。僕にはもう手上げです。なんか、ごめんな。

↓愛犬に豊かな食生活を★こちらのコーナーもどうぞ!
犬の手作り食レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター