1. 車内でノリノリで歌を歌うと、バックミラーに愛犬の冷たい視線を感じます。…

富士丸の飼い主 穴澤 賢の犬のお気楽相談室

【相談内容】
穴澤先生こんにちは。おでかけ日和の秋になりましたね。
おでかけといえば、私も霊感の強い愛犬もドライブが大好きなのですが、車の中で音楽をガンガン聞かされるのは迷惑なんでしょうかね?
移り変わる景色を見て、好きな曲にノリノリで運転していると、つい歌いたくなるんですが、バックミラーに愛犬の冷たい視線を感じるのです。
ちなみに、家では(散歩中でも)私が鼻歌を歌っていても、にらみつけたりしません。

岐阜県 sutegonさん(女性)
【穴澤 賢の回答】
車の中のBGMのチョイスというのは、軽く考えてはいけない問題だと思います。たとえば、見た目も性格も素敵な男性がいたとして、はじめて彼の車でデートするときに車内に流れているのが、微妙に古いJ−POPのヒットメドレーで、それがどうやら「俺、マイベストセレクション」だったら結構引いてしまうのではないでしょうか。

音楽の趣味なんて人それぞれですから、別にJ−POPだろうが、ヘビメタだろうが、パンクだろうが、メロコアだろうが、ひとりで聴いている分には他人がとやかくいう問題ではないのです。問題は、車という狭い空間で、しかも他人と共有している時間をお前のセンスだけで満たそうとするな、ということなのです。ようは思いやりの精神に欠けているのです。

自分の好きな音楽を聴くというのはその人にとっては至福のときですが、嫌いな音楽を無理矢理聴かされる方は苦痛以外の何ものでもありません。一緒に過ごす時間を楽しいものにしたいなら、相手の趣味も考えてみるべきなのです。はじめてのデートなら、彼女はどんな音楽が好きなんだろう、たとえば海辺にでかけるならワインディングロード的な曲がいいんじゃないだろうかとか、そういうことに考えをめぐらせてこそ、楽しいドライブといえるのではないでしょうか。

それは相手が犬でも同じです。それをなんですか、自分の好きな曲ばっかりガンガンかけて、あげくのはてに歌まで歌うとは。デートした相手が同じことをしたらどう思いますか。犬にしたって、いい迷惑です。気持ちのいい風とほどよい揺れにまかせて眠りたいかもしれないのに、隣で大声で歌われたら、そりゃ冷たい視線のひとつも送るでしょうよ。

犬にもきっと、聴いてて心地のいい曲はあります。そういうのをもっとさぐっていかないと。あと、肝心なのはボリューム。よく好きな曲だからって会話ができないくらいでかい爆音で音楽をかける人がいますが、他人からしたら苦痛倍増です。そのあたりも気をつけてください。いいですか、思いやりですよ。

僕は、基本的にさりげないBGMをかけつつ、女の子がうとうとしはじめたなーと思ったら、ドラムからはじまる曲を突然爆音でかけて飛び起きさせたりしますけど。

↓愛犬に豊かな食生活を★こちらのコーナーもどうぞ!
犬の手作り食レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター