1. 犬が大好きですが、大型犬に至近距離で吠えられました。以来、大型犬が怖いです。これから、どのように大型犬と接すれば良いでしょうか?…

富士丸の飼い主 穴澤 賢の犬のお気楽相談室

【相談内容】
穴澤先生こんにちは。

現在ペットを飼っていないのですが、犬が大好きです。
先日、「うちの犬、絶対に吠えないんだよ〜」という犬に至近距離で吠えられました。
大型犬だったため、あまりの迫力に後ろに倒れました。
以来、大型犬が怖いです。
いったい、何がいけなかったのでしょうか?
これから、どのように大型犬と接すれば良いでしょうか?

先生。良きアドバイスをお願い致します。

千葉県 Prahaさん(女性)
【穴澤 賢の回答】
世の中には「男は信用ならん」と思い込んでいる女性が多くいるようです。恐らく騙されたり裏切られたりしたことがあるのでしょう。しかし世間の男がみんなろくでもない奴かといえば、実はそうではありません。先生のように、誠実で思いやりがあって真面目な男もちゃんといるのです。それを「男」というだけで一括りにしないでもらいたい、と常々思っています。

犬恐怖症の場合もそれと同じです。「大型犬」と一括りにするからいけないのです。大型犬といっても性格は様々です。警戒心の強い犬もいれば誰にでもオープンマインドな犬もいます。絶対吠えないという犬が吠えたのは、多分たまたま虫の居所が悪かったか、背後に落ち武者の霊でも見たのでしょう。それくらいに考えておきましょう。そもそも絶対に吠えない犬など、まずいないのです。

それでも一度埋め込まれた恐怖心は、そう簡単に拭えるものではありません。だからといってこっちがビクビクしていると、犬にもそれが伝わってしまいます。犬はそういうところに敏感なので、微妙に距離を取ろうとします。そんな状態では、良好なコミュニケーションがとれるはずがありません。まずはこちらが心を開かないと。

大丈夫です。大型犬は基本的におっとりしているのが多いので、突然襲いかかってきたりはしません(というか、凶暴な奴は威嚇してくるので近づく前にわかるはず)。しっぽを振って嬉しそうにしているようなら、飼い主に断って視線の高さが同じになるように座って目を合わせてみましょう。撫でて欲しそうにしていたら、上からではなく、下からそっと手を差し伸べてみてください。触られて嫌がる様子がなければ、首のあたりをわしゃわしゃと撫でてあげましょう。それできっと仲良くなれることでしょう。

安心してください。先生はこれまで一度も嘘をついたことがありませんから。というわけで、勇気を出して大型犬恐怖症を克服してください。

↓愛犬に豊かな食生活を★こちらのコーナーもどうぞ!
犬の手作り食レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター