1. 愛犬にメロンメロンの父に、少し目を覚まして欲しいのですが・・・。 …

富士丸の飼い主 穴澤 賢の犬のお気楽相談室

【相談内容】
実家の犬のことです。

私が嫁いで家を出て、弟は彼女とフットサルに夢中で家に寄り付きません。
母などは10年前から父に見向きもしていません。 
そんな今、父の相手をしてくれるのは犬だけとなりました。

先日久々に実家に帰省したら、もう父がトイちゃん(犬です。)にメロンメロンなんです。仕事から帰ってくると、2オクターブ位高い声で

「ただいま〜〜〜♪♪」

頭頂部からにじり寄るように犬に飛び掛っていくのです。
でも飛び掛っていく相手はヨークシャーテリア。小型犬です。しかも、トイの反応は「あ〜父か…」位のあっさりしたもの。

更に残念なことに、このトイ。本当に血統書付きなのか不安になる程にブサイクなんです。トリミングして丸刈りにすると釣り目で関根勤さん似。

ちょっと毛が伸びてくると、ボヤ〜っとした感じが笑福亭鶴瓶さんに似ているのです。
なのに父はとうとう
「最近トイが吉永小百合に見えてきた」と言ったのです。
ちょっと不安になってきました。

傷つけずに、少し父に目を覚まして欲しいのです。何かいいアイデアありませんでしょうか。結構真剣です。

投稿者:愛知県 いぬのおねえちゃん さん(女性)
【穴澤 賢の回答】
いいじゃないですか。目を覚ます必要なんてないと思います。恋はときとして人を盲目にするもの。他人から見て、ブサイクだろうが何だろうが、本人がいいと言ってるんだから、それでいいじゃないですか。犬が吉永小百合に見えようが、滝川クリステルに見えようが、他人がとやかくいう問題ではありません。

10年前から夫に見向きもしなくなったというお母様に「だったら何で結婚したん?」と聞いても、恐らく「ようわからん」と答えるでしょうが、少なくとも結婚当初は恋する乙女の眼差しでお父様を見ていたはずですし、愛とはそういうものなのです。また、人間への愛は冷めることがありますが、動物への愛は冷めることがまずありません。いってみれば、延々と魔法がかかった状態なわけです。ずっと夢見る夢子ちゃんなんです。幸せじゃないですか。

そもそも、友達の恋人のことを「あんなブサイクな男のどこがいいわけ?」なんて、思っていても言わないでしょう。街中でカップルが見つめ合って2人だけの世界を作っていたりしてもね、彼らには回りの世界が見えていないわけです。文字通り、目の前の存在しか。他人から見て、それがたとえ釣り合いの取れていないカップルであったとしても。

お宅の場合、犬はそうでもないみたいですが、幸いお父様は気付いていないようですし、溺愛するあまり犬におやつを与えすぎるとか、そういったこともないようなので、そっとしておいてあげましょうよ。

街でさえない感じの男が、滅茶苦茶綺麗な女性を連れて歩いていると、腹立たしい思いはしますけどね。

↓愛犬に豊かな食生活を★こちらのコーナーもどうぞ!
犬の手作り食レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター