甲状腺低下のせいでしょうか。去勢の影響なのでしょうか。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 甲状腺低下のせいでしょうか。去勢の影響なのでしょうか。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

チワワの雄で5歳です。
去年去勢から元気に波がありちょこちょこ病院へ。
先日血液検査後「甲状腺低下」とのことで薬をもらい飲んでいます。まだ変化はわかりません。
先月には眠れないほどおチンチンをよくなめてばかりで病院へ行ったら「皮膚炎?」とのことで抗生物質の注射と軟膏をもらってきました。
この症状は治りましたがこのときはまだ甲状腺低下はわかりませんでした。今の症状は伏せや猫背でのお座りばかり。
しっぽは下がってばかりです。今までこんなしっぽは見たことなかったです。
先生は腰が痛いのでは?とのことで鎮痛剤をくれましたが一向に変化がないです。
食欲や吠えはあります。まだ半元気はあります。もしかしたら甲状腺低下のせいでまた皮膚炎とかになってるのでしょうか。去勢の影響なのでしょうか。

しんちゃんままさん

質問の答え

甲状腺の皮膚症状はかゆみをともないません。左右対称にでるのが特徴です。
痒がって舐めるのは別の原因が考えられます。
なんとなく元気がないというのは甲状腺低下の症状のひとつです。
外耳炎をおこしやすくなったり太やすくなったりします。
甲状腺の検査でグレーゾーンになった場合は1ヶ月ほど甲状腺ホルモンを投与して経過を観察します。
症状の改善が認められれば甲状腺ホルモンの低下と診断してよいと思います。
去勢の影響で皮膚炎になったり元気がなくなるケースは稀です。
縫合糸反応性肉芽腫などの場合には体調が悪くなることもありますが、チワワでは珍しいと思います。

■病名から調べる犬の病気:犬の甲状腺機能低下症

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター