脊髄空洞症と診断されました。元気になりましたが、今後どのような点に注意をすればよいでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 脊髄空洞症と診断されました。元気になりましたが、今後どのような点に注意をすればよいでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

ロングコートチワワ2歳です。
先月、夜中にキャインと突然泣いて、30秒ほど痙攣し、失禁しました。
MRI検査で脊髄空洞症と診断されました。
最初の3日間ステロイドと利尿剤(イソバイド)を服用し、その後症状が安定し、イソバイドだけを服用しています。
とても元気で、食欲も旺盛になりました。
しかし、現在も首に違和感があるようで、時々足で掻く仕草をします。
今後はどのような点に注意をすればよいのでしょうか?

小梅チャンさん

質問の答え

進行性の場合もありますが激しい運動や興奮を避ける程度でよいと思います。
内科療法は医師の指示に従ってください。
抗酸化物質の摂取で安定することが多いと私は個人的に感じています。
人用でもかまいませんのでそういったサプリメントを使用してもよいかと思います。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター