皮膚疾患が繰り返し現れ、困っています。ずっと薬を飲み続けなければならないのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 皮膚疾患が繰り返し現れ、困っています。ずっと薬を飲み続けなければならないのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

もうすぐ12歳になるラブです。
この2年ほど、感染症による皮膚疾患で困っています。
皮膚にかさぶたが出来、その部分が禿げる症状が点々と体中に出来ます。
その都度、抗生物質を3〜4週間ほど飲ませるとその時は治っていくのですが、またしばらくするとその症状が現れます。
薬も変えていっているのですが、これからもずっと飲み続けなければならないのでしょうか?これという治療薬はないのでしょうか?

母親さん

質問の答え

膿皮症を繰り返すのは皮膚のバリアが弱くなっているからと思われます。
高齢のために皮膚の防御力が弱り、細菌が侵入しやすくなり、入ってきた細菌に対する免疫力も低下しているために容易に膿皮症になってしまいます。
抗生剤で治癒するのであれば抗生剤の継続投与でよいでしょう。
予防としてはシャンプーの回数を増やします。
皮膚にバリアをつくるタイプのシャンプーなどもありますので病院でシャンプーを処方してもらうとよいです。
免疫機能をあげるサプリメントを摂取するとさらによいと思います。

■病名から調べる犬の病気:犬の皮膚病

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター