3歳を過ぎた犬に、子宮蓄膿症の予防のための避妊手術は効果がありますか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 3歳を過ぎた犬に、子宮蓄膿症の予防のための避妊手術は効果がありますか?

犬の病気Q&A

発情、繁殖、生理についての質問と回答

質問

3歳のボーダーコリーです。子宮蓄膿症の予防のために避妊手術を受けるつもりだったのですが、時期を逸してしまいました。
年齢が経ってからの手術の効果はさほど無いと聞きましたが、今からではもう遅いのでしょうか?

モモリンママさん

質問の答え

子宮蓄膿症の予防でしたら何歳になっても予防効果は期待できます。
乳癌の発症については完全な予防はできませんが、それでもやらないよりは発症率は下がります。

■病名から調べる犬の病気 子宮蓄膿症

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター