てんかんの強い薬を小さい頃から与えていても、ちゃんと健康に長生きできるのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. てんかんの強い薬を小さい頃から与えていても、ちゃんと健康に長生きできるのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

ジャーマンシェパード、1歳です。
生後5ヶ月からてんかんをおこすようになり、フェノバービタルを朝晩2回飲ませているのですが、このような強い薬を小さい頃から与えていてもちゃんと健康な犬と同じくらい長生きできるのでしょうか?とても心配です。

Leo mama さん

質問の答え

薬の副作用で寿命が縮むということはあまりありません。
フェノバルビタールの副作用としては肝障害ですから、定期的に肝臓のチェックをして数値が上昇する場合は減薬するか違うタイプの薬に切り替えます。
むしろ、発作の回数が増加することのほうが怖いです。
水頭症や脳炎など基礎疾患に付随するてんかんの場合は短命に終わる場合もありますが、伴わないてんかんの場合はそう寿命が短くなることもありません。
発作が全く起きない状態を数ヶ月維持できれば、投薬から逸脱できる場合もあります。
副作用がでる期間も3年以上先になるでしょうから、まずはしっかりと薬を飲んで発作を抑えるのが大事だと思います。
■犬のてんかん(http://www.iris-pet.com/wan/jyui/27.html

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター