セカンドオピニオンで治療していますが、結果が思わしくなく不安です。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. セカンドオピニオンで治療していますが、結果が思わしくなく不安です。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

12歳のポメラニアン(オス 避妊未済)です。
数年前から、皮膚病・心臓病の治療のために通院している病院での血液検査で、腎臓が悪い(CRE2.4)と診断されましたが、尿検査も薬の処方もなく、食事の指導もなく(皮膚病のため、毎食鶏胸肉・キャベツ・ニンジン・レンコン・白米を食べさせています。)、このまま受診を継続することに不安を覚えたため、ネット情報から自宅の近所の病院に行ってみました。
そこでは、前の病院ではされなかった尿検査や心臓のレントゲン検査をしてもらい、また血液検査(主な結果 リパーゼ317、CRP7.0以上、CRE2.5、BUN137.5)をしてもらい、膵臓については食事を切り替えて(白米2:じゃがいも1:ささみ1)様子を見ることとし、腎臓がステージ3にあることからこれを主体的に治療し、心臓については左心房に肥大が見られるので咳の軽減を目指すとされました。
ただ、現在のところ、咳は逆に増えてきて、一方で(水を飲む量が減っていることから皮下輸液を続けているにもかかわらず)尿の回数は減ってきていることについて、「マニュアル通りに治療しているのに、思った通りの結果になっていない」と診察中に言われ、大変不安になっております。
このままこの病院で不安な思いのまま治療を続けていいのか、それとも、心臓に詳しいと言われている病院でも見ていただいた方がいいのか、ご教示をお願いいたします。

りく2002 さん

質問の答え

心臓病の場合はあまり水分をとらないように注意します。
腎臓の場合は逆に水分をいっぱい摂るようにします。
心臓と腎臓が同時に悪くなると、水分摂取で互いに相反する状態になり、とてもむずかしいし、悪化しやすいです
現在の状態が心臓と腎臓どちらが重度なのかで判断します。
クレアチニンが2.5ですと腎不全の症状はまだ出ていないかもしれません。
心臓が悪い犬はBUNが高くでますので、こっちはあてになりません。
咳が出るとのことですから、心臓の方がより深刻な可能性があります。
肺水腫で咳がでているとすれば、そこに補液などをするとさらに悪化して咳が増えます。
これが一番心配ですね。
状態的には転院前のほうが良かった というのであれば腎臓はとくにいじくらない方がよかったのかもしれません。
腎臓は治るものでもありませんし、クレアチニンが2.5程度の初期の腎不全ですと、処方される薬は降圧剤になりますので、これは心臓薬と共通です。
もしかすると、最初の先生はそれを全部みこしてなにもせず だったのではないでしょうか。
あまり検査をしないからやる気の無い病院 とはいえませんので不安なことは全部ぶつけてみてください。
文章のみの判断ですと、最初の病院の方が私は好みの先生ですね。
どちらも不安というのであれば、もう一箇所違う病院でセカンドオピニオンをうけてもいいと思います。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター