耳の内側に直径3センチほどの膨らみがあり水を抜く薬を注入する治療を行っています。今後も繰り返し治療が必要になるのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 耳の内側に直径3センチほどの膨らみがあり水を抜く薬を注入する治療を行っています。今後も繰り返し治療が必要になるのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

2歳のゴールデンレトリバーです。耳の内側に直径3センチほどの膨らみがあり、麻酔をして水を抜く薬を注入する治療を一週間後に2回しました。今後も繰り返し治療が必要になるでしょうか?病名はわすれました。

Marchi 様

質問の答え

耳血腫だと思われます。
この場合、繰り返し抜き続けると徐々に溜まる液体の量が少なくなっていき治癒することもあります。ただし、いっぱいに膨らむ前に抜き続ける必要があり、時間をあけてしまうとまた元通りということも珍しくありません。
よくなるまでに4週間以上かかる場合もありますので、頻繁に通院ができない場合は手術で耳の膨らみを縫合してしまい、溜まった液体の出口を開けます。
外耳炎がそもそもの原因である場合が多いですからそちらの治療も行います。

■病名から調べる犬の病気・・・犬の耳血腫

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター