急にヘルニアになりました。原因は何なのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 急にヘルニアになりました。原因は何なのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

3歳のミニチュアシュナウザーです。お願いします。助けて下さい。先日の朝に足をひきずっていたので、病院に連れていき、足のレントゲンをとってもらい、異常なしと言われ、炎症止めの薬をもらい帰宅しました。
ところが、2時間の間に症状が悪化し、後ろの両足の自由がきかなくなり、ふらふらになりました。その日の夕方に病院へいきました。
ヘルニアの可能性があるといわれ、麻酔、じょそうざい、痛み止めを打ち、背骨のレントゲンをとり、2箇所ヘルニアの箇所があった(症状は軽め)とのことだったので、一週間後にまた来院するとのことで帰宅しました。1時間程度でこの時の処置は終了しました。

でも家につくまでずっとぐったりしていて、処置が終わってから、麻酔がきれてもぐったりして、ぴくりとも動きませんでした。前足の左側は痙攣し、お水も飲まず、元気が全くなくなりました。
尿もほんの微量しか出ません。以前は普通にご飯も食べ、散歩もして、いつもの元気なポンでした。変な物も食べさせていません。どんな些細なことでもいいので何か教えてください。今は田舎の個人病院に通っています。血液検査をしたところ白血球の数値が高かったです。けれど原因はわからないとのこと。どんなことでもいいので教えて下さい。お願いします。

ポンきち 様

質問の答え

突発性で後ろ足が動かなくなる病気では椎間板ヘルニアが一番多いです。
後肢自体に痛みはなく、力が入らなくなり、ひどい場合は尿も垂れ流しになります。
心配なのが椎間板ヘルニアに続発する脊髄軟化症です。
急性の椎間板ヘルニア症例の5%くらいに発症するといわれています。
一般的な椎間板ヘルニアの場合は後ろ足の麻痺だけですが軟化症をおこすと前足も麻痺してきます。軟化症をおこした場合は、発症して1週間以内に亡くなってしまう例が多いです。
できれば、設備の整った病院で調べてもらったほうがよいと思います。

■犬の椎間板ヘルニアと変形性脊椎症について

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター