脂肪腫はどの程度の大きさで手術するものなのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 脂肪腫はどの程度の大きさで手術するものなのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

13歳になるMIXです。数年前から胸のあたりにピンポン玉大の脂肪腫があります。動物病院からは様子を見て大きくなるようだったら手術を考えましょうと言われていました。
最近になってその脂肪腫が少し大きくなってきたように感じます。
脂肪腫はどの程度の大きさで手術するものなのでしょうか?また高齢でも手術をしたほうがいいのでしょうか?(体力、元気はあります。)

ともあかり様

質問の答え

脂肪腫と確定できているのでしたら、歩行に困難なほどに邪魔になるまで待っても通常は大丈夫です。
脂肪腫の成長の速いものは再発率も高いので切ってもまた周囲からでてきます。
切り取っておしまいの脂肪腫が多いのですが、メロンほどに成長するやつは案外に再発して数年後にはまたメロンサイズになってしまうことも珍しくありません。
見た目を気にしないのであれば、かなり大きくても悪さはしないのが脂肪腫です。
生活上邪魔になっていそうであれば切ってあげてください。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター