尿漏れがひどくなり治療してもよくなりません。避妊手術を受ければ治るという事はないでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 尿漏れがひどくなり治療してもよくなりません。避妊手術を受ければ治るという事はないでしょうか?

犬の病気Q&A

排泄・マーキングについての質問と回答

質問

3歳のヨークシャテリアの女の子です。もともとウレションをする子でしたが、大きくなるにつれて、ウレションというより尿漏れがひどくなりました。
おしっこもうんちもきちんとトイレでできるのですが、抱っこされて気が緩んだ時や、なんでもない時にもダラダラと垂らして歩き回ります。病院で調べてもらおうと受診したら肝機能が高いことがわかり、4か月くらい前から内服薬を使用していますがなかなか数値が低くなりませんし、尿漏れも良くなりません。肝機能は関係あるのでしょうか?
トイレできちんとできるのに、尿漏れがあることで抱っこする時や車などで外出する時にはパンツを履かされてかわいそうです。避妊手術はしていません。何か考えられる原因はありますか?また、避妊手術を受ければ治るという事はないでしょうか?

みぃだよ 様

質問の答え

肝臓と尿漏れは関係ないと思われます。
メス犬は尿道が短く、太いためにオスよりも失禁しやすいです。
尿漏れも排尿障害の一つとして考えますが、小さい時から続いている場合は薬に反応しないことが多いです。
排尿障害の薬は3種類あります。
よく使われるのが塩酸プラゾシン。
次にベタネコールなどの副交感神経刺激薬。
最後に黄体ホルモン剤です。
これは数回試すだけなら問題ありませんが、長期使用で乳癌の発がんリスクが上昇する疑いが高く、私はおすすめしていません。
ダメもとでプラゾシン、ベタネコールを試しに1週間ほど使ってみて反応を観察してみてはどうかと思います。

避妊手術でよくなるか これはやってみないとわかりません。
どちらかというと、避妊手術後に尿漏れを訴える犬の方が多いような気もします。
この場合は黄体ホルモン剤が効くことが多いのですが、やはり私はおすすめしていません。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター