左目の下が腫れて膿んでいます。薬の副作用か歯が原因がわかりません。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 左目の下が腫れて膿んでいます。薬の副作用か歯が原因がわかりません。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

11歳のチワワです。肝臓の薬の副作用か、歯が原因か不明です。獣医さん処方の肝臓の薬を飲んだほうがいいのか困っています。
4月に左目の下が腫れて膿み獣医さんに行ったら、原因は歯からきていて抜歯できないので抗生物質消炎剤が出されました。
少し小さくなりましたが治らず、以後口の周りもがさがさして赤みを帯びかゆいのか、しきりに掻いてエリザベスカラーをしました。
その後抗生物質を2ヶ月くらいしばらく続けましたが、目の下は完全に治らずあごはヒバ油とうがい薬を薄めて温シップでずいぶん治り掻かなくなりましたので、エリザベスカラーははずしました。抗生物質は2ケ月服用して中断し、現在また投与しはじめています。7ヶ月経ち乾いてはいますが、かさぶたがほんの少しあります。

この子は糖尿病でインスリンクッシング症・心臓・肝臓の薬を投与しています。インスリン6年目です。
この肝臓の薬を今年投与し始め何も異常は無かったのですが、薬を変更し3日目に左目下が腫れ、少し薬をやめると腫れが引きます。人間用の薬でたまたま私が服用していた同じ肝臓の薬名ウルソデキシオールを飲ませると腫れはなく肝臓の異常はないです。
獣医さんには、このような状況を伝えたのですが肝臓の薬はそのままです。歯が原因かと見ると案外きれいですが、磨いたりマウスクリーナー等で対応しています。ただ裏は磨けないです。処方された薬を再度飲ませるとまた腫れます。なので5日前から自分で勝手に肝臓の薬を変えました。腫れが引ききれいになっています。
目の下の腫れ、膿、かさぶたの症状は、肝臓の薬の副作用なのでしょうか。歯がきれいでも歯が炎症を起こしているのでしょうか。よろしくお願い致します。

くろちゃん22 様

質問の答え

薬の投薬、休薬と腫れの出現消失の相関が見られるのであれば、薬の副作用も考えられます。
一般的には目の下に膿瘍ができる場合は奥歯の歯肉炎が原因ですが、全く歯肉に以上がない場合、たまたま目の下に非可能性脂肪織炎などができたとも考えられます。
また、糖尿とクッシングはともに化膿しやすい疾患ですので、これらが病状を悪化させている可能性も高いです。

現在処方されている肝臓の薬の内容が分かりかねますが、休薬しても病態が悪化しないのであれば 休薬してみるのもアリだと思います。
クッシング、糖尿ともに肝炎を併発しやすいですので、なんらかの肝臓のサプリは飲んでおいたほうがよいです。
ウルソでもよいと思います。

■病名から調べる犬の病気>犬の糖尿病

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター