年をとってから、飼い主が怒ったり、夜に抱こうとすると威嚇するようになりました。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 年をとってから、飼い主が怒ったり、夜に抱こうとすると威嚇するようになりました。

犬の病気Q&A

しつけ、問題行動についての質問と回答

質問

13歳になるオスのダックスは、幼犬の頃から厳しく躾たせいか、言うことを良くきく賢い犬でした。しかし家の中でマーキングをしたことを怒ったときに歯をむき出して唸るようになり、最近は年をとったせいか寝るためにハウスに入ることを怒って嫌がるようになりました。抱いてハウスに入れようとすると咬もうとします。
家の中でのマーキングは、マーキングをしようとしたときに声を掛けるとやめるようになり少しずつ回数も減りましたが、飼い主が怒ったり、夜に抱こうとするときだけ”ウ〜”と唸り、咬みつこうとします。
こういう行動は、年をとって頑固になったから仕方がないと諦めるしかないのでしょうか。
(愛知県 luckymomo さん)

質問の答え

問題行動なので文章のみで犬が怒る理由を判断するのは難しいです。
犬が威嚇行動や攻撃をするには「自分が偉いんだぞ」という優位性攻撃、気に入ったオモチャや食べ物を守る専有性攻撃、恐怖にかられて恐れの反応から逃げられない時におこる防御性攻撃など、理由によって種類があります。まずどのタイプの攻撃であるかを判断していくことから治療に入りますがこれは専門カウンセラーにより判断されます。諦めなければならないか、行動療法(犬の行動学に基づいて、しつけていく方法)で治せるかも診断してくれるはずです。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター