一年程前膝蓋骨脱臼をしました。獣医師には手術をすすめられたのですが、したほうがよいのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 一年程前膝蓋骨脱臼をしました。獣医師には手術をすすめられたのですが、したほうがよいのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

6歳のパピヨンです。膝蓋骨脱臼を1年くらい前にしました。落下によるものです。先生には手術(骨を削る)をすすめられたのですが、していません。先生も絶対にしなくてはならない、とはおっしゃっていませんでした。
2週間くらいで元気になり、今では通常の暮らしをしていますが、その足に触られるのはいやなようで、キャンなどと言う時があります。また、ごくたまに「ポキ」という音がします。体型は2.7キロで細身です。
とても活発なのですが、やはり手術はした方がよいのでしょうか?複数の病院で診察していただいて、多くの意見を求めてから慎重に決めた方がよいでしょうか?
(埼玉県 ネエサン さん)

質問の答え

膝の脱臼はすべて手術をするという先生もいれば、一切、手術しないという先生もいます。私は痛みを伴い進行性で今後歩けなくなる可能性が高いものについてのみ手術をしています。割合でいうと膝蓋骨脱臼患者(犬)のうち、20%くらいが手術の対象(これはあくまで私の基準です)。

例えば、手術を受ける犬のうち、本当に手術が必要なのは20%くらいで他80%は手術をせずに一生過ごせたかもしれないとします。だったら本当に手術が必要な20%に絞り込んでから手術したほうがいいのですが、しかしそこまで待つと手術も大変で、脱臼の再発率も上がる…ということになります。

手術するのであれば、早いうちに手術した方が手術自体も簡単で回復状態も良くなります。しかし、そうなると軽度なうちに片っ端から手術することになります。

ということでどれが正解かは一概には言えません。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター