妊娠中も子宮蓄膿症になるのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 妊娠中も子宮蓄膿症になるのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

4才になるメスのトイプードルです。
11月26日、28日に交配しました。12月15日からずっと高熱が続いていて、今日エコーで赤ちゃんらしいものが見え、子宮も腫れていると言われました。しかし、2日前から出血もしだしたのですがお腹に赤ちゃんがいても、子宮蓄膿症になるのですか?

銀さま 様

質問の答え

エコーを検査したのが何日かわかりませんが、通常エコーで妊娠確認できるのは交配してから30日以降になります。
35日ほどすると心臓の鼓動が確認できるようになります。
妊娠中でも子宮蓄膿になりうるか?というとなることもあると思います。
もしも妊娠子宮が子宮蓄膿になったら、胎児の環境はかなり悪いので流産することが多いと思います。
この回答を見るころにはエコーでの妊娠か否かの確定診断は可能なはずです。
同時に子宮蓄膿かどうかも診断できると思います。

■病名から調べる犬の病気・・・犬の子宮蓄膿症

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター