糖尿病発症の危険性があり気をつけて観察していますが、多飲多尿以外で判断できることはありますか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 糖尿病発症の危険性があり気をつけて観察していますが、多飲多尿以外で判断できることはありますか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

8歳のミニチュアダックスです。以前膵炎になったので、糖尿病を起こす危険があるといわれて日々気をつけて観察しています。てんかんの薬フェノバールを飲んでいるので多飲多尿なのですが、飼い主は他にどこで愛犬の糖尿の発生を判断できますか?
(広島県 M.ダックスフント さん)

質問の答え

多飲多尿以外は外見的に判断するのは難しいですが尿が甘い匂いになる事があります。尿検査のスティックペーパーが安価で購入できますので定期的に自分で検査も可能です。人間用のものを流用しても判断可能です。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター