4歳のキャバリアです。生まれつき、玉が1つしかありませんがそのまま手術などをせずに放っておいても大丈夫なのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 4歳のキャバリアです。生まれつき、玉が1つしかありませんがそのまま手術などをせずに放っておいても大丈夫なのでしょうか?

犬の病気Q&A

体、心理についての質問と回答

質問

4歳のキャバリア(男の子)です。生まれつき、玉が1つしかありません。
お腹をさわると中に1つあることが確認できるのですが、そのまま手術などをせずに放っておいても大丈夫なのでしょうか?
(神奈川県 bincurl さん)

質問の答え

お腹に残った方の精巣が腫瘍になりやすいです。確率は正常なものの13倍ほどだという報告もあります。精巣腫瘍の多くはセルトリノーマという悪性腫瘍です。4〜5歳あたりから腫瘍になる犬が多く、できればこの歳くらいには手術でとってしまうと安心です。
触診でわかる場合は腫瘍になった場合発見しやすいので、腫瘍になってから切除というのもアリです。セルトリノーマは転移する前に切除できれば完治します。
「犬の精巣(タマタマ)の腫瘍」

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター