妊娠中にレントゲンを撮る場合胎児に影響がないようにする為にはいつ撮ったらよいでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 妊娠中にレントゲンを撮る場合胎児に影響がないようにする為にはいつ撮ったらよいでしょうか?

犬の病気Q&A

発情、繁殖、生理についての質問と回答

質問

健康交配をして、エコーで胎児も確認できました。獣医さんは「レントゲンを撮りましょう」と言っていますが、まだ交配して40日程度です。本を読んだらブリーダーさんは57日目位でレントゲンを撮ると言っています。レントゲンを早く撮ると胎児への影響が考えられる事や、出産間近に撮った方が子供の大きさと産道から難産かどうか推測できるため出産間近に撮った方が良いという事らしいのですが・・・。一体いつレントゲンを撮るのがいいのでしょうか?
また、骨盤の広さは犬の出産には関係無いと獣医さんに言われました。骨盤の広さは関係ないのかも合わせて回答お願い致します。
(埼玉県/kazukunmama さん)

質問の答え

45日以降であれば胎児への影響は低いと言われています。もっともそれ以前にレントゲンを撮っても胎児の骨が薄くて正確に診断できないことが多いです。
すでに妊娠確認できているのであれば、出産間際にレントゲンを撮ると胎児の数、骨盤の大きさと胎児の大きさ、胎児の体位が確認できます。
私は出産予定日の3〜5日前にレントゲン撮影をお奨めしています。
また、骨盤の広さは難産と関係あると思います。やはり狭い骨盤の犬は帝王切開の確率が高いです。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター