柴犬9歳ですが、最近、子宮蓄膿症が気になります。この年齢での避妊手術はどうですか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 柴犬9歳ですが、最近、子宮蓄膿症が気になります。この年齢での避妊手術はどうですか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

柴犬の雌9歳です。体重8kgで元気な子です。避妊手術はしていません。生理はまだあり、発情もします。
何歳ぐらいまで生理はあるのでしょうか?

また、最近、子宮蓄膿症という病気が気になりだしました。この年齢での避妊手術はどうなんでしょうか?
危険度は高いですか。避妊していないと子宮蓄膿症はかなりの確率で発病するものでしょうか。

今、手術をするべきかどうか悩んでいます。よろしくお願いいたします。
(raruruさん)

質問の答え

9歳ですと子宮蓄膿症のリスクはかなり高いです。
血液検査で内臓に異常がなければ、私は手術をおすすめします。

■病名から調べる犬の病気:犬の子宮蓄膿症

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター