避妊手術後、毛が薄くなりました。また、雌なのにマウンティングをします。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 避妊手術後、毛が薄くなりました。また、雌なのにマウンティングをします。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

雌のM.ダックス3歳です。手術当時2歳。今年の4月に避妊手術をしたのですが、手術が終わり1ヶ月ぐらい後から毛が薄くなり始めました。始めは胸の辺りの毛が薄くなってきて (産毛のように、ふわふわのすかすかの毛になってしまいました。肌が見えます)、 徐々にお腹全体の毛も耳の毛も薄くなってきて、最近では、後ろ足の毛も薄くなってきてしまいました。今キチンと生えているのは、顔と上部分と尻尾だけです。体調・食欲・元気なところは今まで通りです。

また、雌犬なのに、なぜか他の雄犬にマウンティングをします。これもなぜなのか知りたいです。今まで飼っていた、他の雌犬は避妊手術後、毛が薄くなる事は無かったのですが、これは、何かの病気なのでしょうか?ご回答の程、宜しくお願いします。
(ぽちをさん)

質問の答え

ごくごく希に、避妊手術後、毛が薄くなる例があるとは聞いたことがあります。
卵巣摘出による性ホルモンの減少のためであろうとのことですが、治療に使用するのが黄体ホルモン製剤になります。
犬猫ともに黄体ホルモンを使用すると、乳癌の発生率が上昇しますので長期の投与はできれば避けたいです。
また、避妊とは関係なく、ダックスでは甲状腺ホルモンの低下から毛が薄くなる個体がとても多いですから、まずは甲状腺ホルモンの検査から始めた方がよいかもしれません。

マウンティングは発情行動以外でも、犬の上下関係をあらわすことがあり、親分気分の犬は雌でもマウンティングしますね。

■犬の飼育に役立つ知識:犬のマーキング

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター