心臓肥大とはどのような病気なのでしょうか?また、今後の生活に支障はないのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 心臓肥大とはどのような病気なのでしょうか?また、今後の生活に支障はないのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

我が家の愛犬ミニチュアダックスフンド♀5才なんですが、痰がからまったような、発作のような咳をするので、医者に診てもらった所、心臓肥大と言われました。薬をもらって、医者から「そんなに心配しなくても大丈夫」と言われたのですが心配です…。心臓肥大とはどのような病気なのでしょうか?また、今後の生活に支障はない のでしょうか? (山梨県 yo-koさん)

質問の答え

心肥大とは文字通り心臓が大きくなる状態です。 大きくなる理由として一番多いのは肥満により、脂肪が増加して送らなくてはいけない血液の量が増加した場合、心臓はサイズを大きくしてがんばります。心臓は全体的に大きくなりますが形は正常のまま この場合は通常なんら症状が出ません。 咳などの症状を伴う場合は心臓内の弁の閉鎖不全により逆流がおきて部分的に肥大する事が多いです。フィラリアでよく見られる右心房肥大、右心室肥大僧坊弁閉鎖不全からくる左心室肥大など。 こういった場合はレントゲン上で心臓の形が正常なものとは明らかに異なります。どちらのタイプなのかはかかりつけの先生に聞いて下さい。また、単なる肥大でもそれが弁の閉鎖不全の原因になり得ますので肥満があれば減量は必要です。 おまけですが、犬の種類によっても心臓のサイズが異なりますのでA病院では肥大といわれたがB病院では異常なしと診断されることもかなり多いです。シーズなどは正常でも心陰影は大きいので心肥大と誤診をうけるもの多数あります。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター