右後足膝蓋骨脱臼で、ずれてしまった関節を直す方法は手術以外には無いのでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 右後足膝蓋骨脱臼で、ずれてしまった関節を直す方法は手術以外には無いのでしょうか?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

パピヨン雄、1歳2ヶ月、体重4キロです。
半年前に、右後足膝蓋骨脱臼で手術しました。手術前、びっこを引いて歩くようになってしまい様子を見ていたのですが、良くなる気配が無い為、骨を削り溝を深くして関節を元の位置におさめる手術をしました。
一時期良くなってきたように思っていたのですが、最近歩き方が変なので病院に連れて行ったところ、削った骨が盛り上がってきて、また外れてしまっているといわれました。
明らかにかばいながら歩いているので、かわいそうだがもう一度手術したほうが良いといわれました。(左足も見てくれたのですが、左も外れているので、時期を見て左も手術するようになるかもしれませんとも言われました。)

今度は、プレートを入れて、関節がずれないようにプレートで壁をつくる方法でやってみましょうとの事でした。最初の手術のときも、とても痛い思いをしてかわいそうだったのに、またかと思うと、なかなか手術に踏み切れません。
しかし、散歩が大好きで、外遊びが出来なくなってしまうのもかわいそうで、どうしたらよいのか悩んでしまいました。先生も、「痛みがないならほっておいてもかまわないけど、かばっているのがわかるからなぁ」と、言っています。
ずれてしまった関節を直す方法は手術以外には無いのでしょうか?
一般的な処置(治療方法)や、プレートを入れる手術での考えられるデメリットなど、教えていただけますか。

投稿者:moyunomi さん

質問の答え

関節に対する考え方は諸説ありますのであくまで私のやりかたです。
グレードに関係なくまず2ヶ月間サプリメントで対症療法を行います。
NSAID(非ステロイド性消炎鎮痛剤)は使用しません。
多くの犬はこれで通常歩行ができるようになりますが、これで結果が悪いものは手術の対象とします。
プレートはかなりの高さの壁を作ってくれますので再発は少ないです。
しかし、プレートで手術した犬は若干の跛行(外傷、奇形、その他の疾患により正常な歩行ができない状態)が残るような気はします。
膝蓋骨脱臼の手術は造溝術の他に鱗状縫合、脛骨粗面の移動、などを組み合わせてやることが多いです。
私はあの巨大なクサビを膝の骨に埋め込むのがどうも抵抗があって岸上式プレートは使ったことがありません。

■病名から調べる犬の病気:犬の膝蓋骨脱臼

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター