仔犬のワクチンのタイミングと抗生物質との相性について教えてください。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 仔犬のワクチンのタイミングと抗生物質との相性について教えてください。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

仔犬のワクチンについての質問です。現在2008年12月26日生まれの女の子(バーニーズ×ラブラドールのミックス)と一緒に暮らしています。
私の元へ来る前に、生後44日で1回目5種混合ワクチンを打っていました。
かかりつけの獣医さんにその旨を伝えたところ「生後44日で打ったワクチンを1回目とみていいでしょう」との回答。12月26日生まれ→1回目ワクチン2月8日→2回目ワクチン2月28日という流れで、先日2回目のワクチンを接種してきました。
2回目ワクチン接種後、2週間したらシャンプーや軽い散歩をしても大丈夫との事でしたが、本当にこの流れで大丈夫でしょうか?
もちろん、かかりつけの獣医さんですので、信用していますが、いろいろワクチンの事で調べれば調べるほど、違う見解が出てきてしまって、分からなくなってしまいました。
あと、ワクチンを接種した直後から異常な頻尿になりました(便、食欲、元気ともに異常なし)。
病院の先生も急に膀胱炎になるような事もあまりないのですが…と首を傾げていましたが、念のため抗生物質を1週間あげてみてくださいを言われあげました。
幸い、お薬をあげはじめてすぐに症状は治りましたが、ワクチンを打ってすぐに抗生物質を投与した場合、ワクチンの効果が薄れるということはありませんか?

よるっちさん

質問の答え

ワクチンと抗生剤は同時投与をしても、効果に問題はありません。
子犬のワクチン接種を何度もするのは母親からもらった移行抗体が残っていると何度ワクチンを打ったところで効果がないためです。
最大で4ヶ月持続するのですが、この移行抗体が多少残っていても、ワクチン効果が出るように強いタイプのワクチンにここ数年変わってきています。このタイプのワクチンですと、生後100日くらいを最終ワクチンにしてもほぼ大丈夫なようです。私は少しだけ余裕をもたせて、生後105日以降に最後のワクチンを接種するようにお奨めしています。

■犬の飼育に役立つ知識:ワクチンについて

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター