あごの下が腫れています。生後7ヶ月ですが、若くして腫瘍はできますか。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. あごの下が腫れています。生後7ヶ月ですが、若くして腫瘍はできますか。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

7ヶ月のビシュラです。
夕方になり左のあごの下が腫れているのに気が付きました。朝に歯磨きをした時にはなかったのですが。。。触った感じとても柔らかく水風船のような感じです。普段と違うといえば、昨日、犬のデイケアの面接に行き水を飲んだこと、落ちている枝を噛み砕くのが好きなことくらいしか思い当たらないのですが。
こんなに若くして腫瘍ができることはあるのでしょうか?

spbobさん

質問の答え

リンパ腺が腫れた疑いが強いです。7ヶ月で腫瘍になる可能性はとても低いです。頭部や口腔内の傷などをチェックして抗生剤の投与で反応をみます。
それで小さくならないのならばバイオプシー検査(生きた組織のサンプルを直接取り出して調べる方法)になります。

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター