停滞睾丸ですが、体重2kgで麻酔することと未去勢による病気のリスク、どちらが高いですか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 停滞睾丸ですが、体重2kgで麻酔することと未去勢による病気のリスク、どちらが高いですか?

犬の病気Q&A

発情、繁殖、生理についての質問と回答

質問

ミニチュアピンシャーですが、1歳になっても両睾丸が降りてこずに停滞(停留)睾丸だと言われました。
いろいろと調べたら病気になる確率がかなり高いみたいなので去勢手術を考えています。
ただ、病院の先生が触ってもお腹のどこにあるか分からない状態です。
体重が2キロしかなく、睾丸の位置も分からない状態で手術をした場合の危険性はないのでしょうか?
今後を考えると去勢した方がいいのはわかりますが、2kgでの麻酔のリスクと今後病気になるリスクとでどっちが高いのかと考えてしまいます。
去勢をしてないからと思われる問題行動はありません。
ご回答よろしくお願いいたします。

ジュリアスさん

質問の答え

2kgあればとくに麻酔は問題ないと思います。
1.5kgを下回るあたりから、モニターがあまり役にたたず、術中に脈拍や酸素濃度、呼吸数が把握できなくなり不安な手術になってきますね。
腹腔内の停留睾丸は通常触診できません。
特に危険な手術ではありませんので、リスクは通常の去勢よりも時間がかかることくらいです。
腹腔内の停留睾丸に対してソケイ部(ソケイ部とは、骨盤の前にある脚の付け根の部位のこと)からアプローチする方法があります。
この方法ですと、太っていて見つけにくい犬でも見逃しなく発見できると思います。

■病名から調べる犬の病気:犬の陰睾(潜在精巣)

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター