乳がんと診断され片側の乳房を摘出後、2週間後にもう片側に転移が見られました。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 乳がんと診断され片側の乳房を摘出後、2週間後にもう片側に転移が見られました。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

7歳のミニチュアダックスフントです。
病理検査で「乳がんで高度異型細胞である、脈管侵襲は不明瞭、腫瘍は2センチで取り切れている」と診断を受けました。1回目の手術で片側の乳房を全摘出、術後たったの2週間でもう片側に5ミリ程度のしこりを発見し、獣医さんに転移だと言われもう片側の乳房の全摘出と、子宮の摘出手術をすることになりました。
腫瘍が3センチ以内だと転移の可能性が低いと思っていたのに、たったの2週間でしこりができるということは、全身に転移している可能性が高いということなのでしょうか?
それは高度異型細胞だからなのでしょうか?
転移している場合、終末治療に切り替えたほうが犬にとってはよいのでしょうか?

KAEDEさん

質問の答え

2週間で転移したわけではなく、「初めから逆の乳腺にもあった」と考えるのが自然です。
乳癌は、左右の乳腺に複数の腫瘍を作る場合が多く、これと遠隔転移はまた別物です。
肺,脳、肝臓などどこにでも転移しますが、遠隔転移するのは発生から2年ほどかかります。
目安としては3センチを超えると遠隔転移してくるものが増えてきます。
終末治療を考える段階ではありません。

■病名から調べる犬の病気:犬の乳腺腫瘍、乳がん

お答えしたのは…テッツ犬猫病院 院長 大角哲也先生 です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター