1歳のポメラニアンが帰宅時に興奮して大きな縦ジャンプをし、足腰に悪いのでやめさせたいです。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 1歳のポメラニアンが帰宅時に興奮して大きな縦ジャンプをし、足腰に悪いのでやめさせたいです。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

帰宅時に、愛犬が興奮して困っています。大人のお腹に届くほど大きな縦ジャンプをします。遊んでやるまで飛び続けます。足腰に悪いのでやめさせたいのです。ケージを飛び越える勢いで跳ねるので、いつか足を折りそうです。
何か良い手はないでしょうか?

ポメ好きさん(大阪府)のカルテレポート
愛犬の名前: ふく
犬種: ポメラニアン
愛犬の年齢: 1歳
愛犬の性別: メス
去勢避妊: なし
飼育場所: 室内
家族構成: 母 父 祖母 小学生 大学生
【今まで試したこと】
 「ただいまー^。^」と声をかけるのをやめてしばらく無視するようにしたり、背中を見せるボディーランゲージで「落ち着け」とやってみたり、ひっくりかえして「だめ」と伝えたりしましたが、効果なしでした。
問題点の解説
物凄いジャンプ力ですね。
ご質問の内容からすると・・・、帰宅時にはケージ内にいるようですね。
でしたら、ケージに屋根を取り付けてください。
勢いよくジャンプするのは防げるはずです。そして、完全にジャンプしなくなるまで声もかけず、目も合わせず、背中を向けケージ前を通過し、完全無視を貫きましょう。

この無視を始めたら、どんなにふくちゃんがしつこくジャンプしたり、クンクン鳴いても完全無視を貫いてください。
途中で声をかけ叱ったり、睨んだり、ひっくり返す為に触ったりなどの反応は一切しないでください。

完全に落ち着いたら、ケージに近づき挨拶しますが、再びジャンプしたら、こちらも再び無視をしましょう。これを繰り返し、完全に落ち着いて居る時にのみ挨拶する事を続けてください。

他には、普段からジャンプしたら一切触らないようにし、オスワリなどのジャンプが出来ない体制にさせ、そういった体制の時にのみ触るなどして、ジャンプしても無駄である事を伝えましょう。

パワーも有り余っているようですので、散歩などで充分な運動をし発散させましょう。
具体的な解決策
  • ケージに屋根を取り付ける。
  • 完全にジャンプしなくなるまで声もかけず、目も合わせず、背中を向けケージ前を通過し、完全無視を貫く。
  • 途中で声をかけ叱ったり、睨んだり、ひっくり返す為に触ったりなどの反応は一切しない。
  • 完全に落ち着いたらケージに近づき挨拶する→再びジャンプしたら、こちらも再び無視する。これを繰り返し、完全に落ち着いて居る時にのみ挨拶する事を続ける。
  • 普段からジャンプしたら一切触らないようにし、オスワリなどのジャンプが出来ない体制の時に触るなどして、ジャンプしても無駄である事を伝える。
  • 散歩などで充分な運動をし発散させる。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター