9ヶ月のポメラニアンが生後5ヶ月位からお散歩中に人や犬に対して吠えます。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 9ヶ月のポメラニアンが生後5ヶ月位からお散歩中に人や犬に対して吠えます。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

生後5ヶ月位からお散歩中に人や犬に対して吠えます。目に入ると甲高い声で腰が引けつつ、少し前進して吠えます。また、他の犬が挨拶にやってくると、鼻を近づけてニオイを少し嗅ぎに行ってから急に吠えだします。人も同様です。
両親など何回か会ったことがある人には吠えません。おとなしく撫でられてます。
警戒心が強いのかと思いますが、一旦ニオイを嗅ぎに行ってから吠えるので、本当は他の犬と遊びたいのか何を考えているのか、どうしたらいいのか悩んでます。

まつゆきさん(千葉県)のカルテレポート
愛犬の名前: れい
犬種: ポメラニアン
愛犬の年齢: 9ヶ月
愛犬の性別: メス
去勢避妊: なし
飼育場所: 室内
家族構成: 夫・私 2歳のオスのポメラニアン
【今まで試したこと】
 散歩中に吠えるとリードを引っ張ってますが、効果はありません。
しゃがんで対象が見えないようにすると少しはましですが、吠えます。
問題点の解説
これ以上、他人や他犬を見て吠える行動を悪化させない為に、ママがれいちゃんより先に相手(他人、他犬)に気付ける様に歩き、その対象物からすみやかに離れて、吠えずに済む遠くの距離を探しましょう。そして吠えないでいられたら褒める事も忘れずに。万が一吠えてしまっても、すみやかに相手から離れ、吠え続けさせない様にしましょう。

挨拶をさせたいとは思いますが、今の状態のままで挨拶させようと近づけて最後には吠えてしまう体験は、これ以上積ませない方が良いです。
どうしても挨拶させたいのなら、きちんと対応の出来るトレーナーの下挨拶出来る様トレーニングを開始しましょう。

今行っているリードを引っ張る対応ですが、首に圧力がかかり、嫌なイメージを与え悪化させる可能性があるのでやめましょう。
具体的な解決策
  • 対象物からすみやかに離れて、吠えずに済む遠くの距離を探し、吠えないでいたら褒める。
  • 対応の出来るトレーナーの下挨拶出来る様トレーニングを開始する。
  • リードを引っ張る対応は、首に圧力がかかり、嫌なイメージを与え悪化させる可能性があるのでやめる。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター