音や人に敏感で必ずワンワンと吠え、ぐるぐる回りながら自分の尻尾をアグアグ噛みます

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 音や人に敏感で必ずワンワンと吠え、ぐるぐる回りながら自分の尻尾をアグアグ噛みます

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

5才になる柴犬です。
掃除機、玄関の開閉、洗濯物干しのハンガーの音などや、急に人が寄ってきてビックリした時など、必ずワンワンと吠えぐるぐる回りながら自分の尻尾をアグアグ噛みます。
この現象は4年くらい続いていて、尻尾の毛が今ではほとんど無い状態です。
その為、地肌が黒くむき出し状態になってしまいました。 何とかこの癖を直したいものです。
ゴローが小さい時から噛み癖があったため、激しく叩き叱り付けたのが原因のひとつかと思うのですが・・・。

ゴロウさん(群馬県)のカルテレポート
愛犬の名前: ゴロー
犬種: 柴犬
愛犬の年齢: 5才
愛犬の性別: オス
去勢避妊: なし
飼育場所: 室外
家族構成: 大人3人
【今まで試したこと】
 掃除するときには音源から離れた家の裏の方へ繋いでいます。
それでも音が届くと、ワンワンと吠えぐるぐる回りながら自分の尻尾をアグアグ噛んでいます。
問題点の解説
ストレスなどがかかると、尾尻を追いかけ噛むという行為をする事があります。
この行為は、ぐるぐる回るので面白がって飼い主さんが反応したり、逆にやめさせたくて過剰に反応したりすると、かえって追いかけ行動が悪化する傾向にあります。

何の行動でもそうですが、長年続いた行動を減らすのはとても難しい事です。ゴロー君の行動も4年続いてきているので、何もしない状況にもっていくのは至難の業です。
が、出来る対応はしてみて、少しでも軽減出来るようにしてください。

まずは未然に防ぐ作戦から。
普段から、玄関の開け閉めなど気をつけて行いなるべく大きな音を立てないようにする。
ハンガーの音が気になるなら、ハンガーをなるべく音が立ちにくい物に買い換え、干す時などに大きな音が鳴らない様に注意する。
掃除の場合、もし可能なら、誰かに散歩に出掛けてもらって掃除音を聞かせずに済むようにしてあげる。

同時に、基本的なトレーニング(アイコンタクト、オスワリマテなど)を教え、素直に従える様トレーニングを始めておく。

ある程度オスワリなど誘導に従って反応できる様になったら、その音が鳴る場所から遠く離れた所でドア(又はハンガー)の音をそっと立て、その時に落ち着いていたら褒めて慣らす練習を開始する。
それは『音が鳴る⇒落ち着いている⇒アイコンタクトをしてご褒美を与える』という練習です。
もしもぐるぐるするならば、リードで止めてぐるぐるをさせない様にコントロールし、そして、その音から遠く離れた所で同じ練習をして、音がしても落ち着いていられる場所で、『音=落ち着く僕』という習慣をつけていきましょう。

ザッと書きましたが、出来れば褒めてしつけるトレーナーについて上記の様な基本的なトレーニングと、慣らすトレーニングを開始しましょう。
具体的な解決策
<未然に防ぐ作戦について>
  • 普段から、玄関の開け閉めなど気をつけて行いなるべく大きな音を立てないようにする。
  • ハンガーをなるべく音が立ちにくい物に買い換え、干す時などに大きな音が鳴らない様に注意する。
  • 掃除の場合、もし可能なら、誰かに散歩に出掛けてもらって掃除音を聞かせずに済むようにする。

  • <トレーニング方法について>
    • アイコンタクト、オスワリマテなどを教え、素直に従える様トレーニングを始める。
    • ある程度オスワリなど誘導に従って反応できる様になったら、『音が鳴る⇒落ち着いている⇒アイコンタクトをしてご褒美を与える』という練習を行う。
    • ぐるぐるが直らない時は、リードで止めてぐるぐるをさせない様にコントロールし、その音から遠く離れた所で同じ練習をして、音がしても落ち着いていられる場所で、『音=落ち着く僕』という習慣をつける。
    • 褒めてしつけるトレーナーについて上記の様な基本的なトレーニングと、慣らすトレーニングを開始する。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター