無駄吠え、ジャレ噛みに困っています。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 無駄吠え、ジャレ噛みに困っています。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

家に来て、半年ほど経った頃から無駄吠え(呼び鈴・車が通る音・誰かの帰宅時)が激しく困っています。
また、5歳の息子と3歳の娘にジャレながら噛み付きます。特に3歳の娘には、噛み跡が付くほどしつこく噛むので困っています。

子供達が犬との生活を楽しく過ごせるよう、アドバイスお願いします。

メロにメロメロさん(神奈川県)のカルテレポート
愛犬の名前: メロ
犬種: トイプードル
愛犬の年齢: 1歳3ヶ月
愛犬の性別: オス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: パパ・ママ・長男(5歳)長女(3歳)次女(0ヶ月)
【今まで試したこと】
 無駄吠え→酢を水で薄めたのをスプレーする。効果がなく犬が酢臭くなりやめました。吠えた時に手をたたき大きな音を出す。最初は効果はありましたが、最近はあまり効きめがありません。

ジャレ噛み→ペットショップで、噛み防止のスプレー・口にサックする物を購入して試しましたが、最初だけしか効果がありません。噛んだら叱ってサークルに入れる。
今では、子供達が起きている間はほぼサークルの中です。
問題点の解説
生後半年位で、縄張りを守ろうという意識や、警戒心などからくる吠え声が目立ち始めます。ですので、そういった行動が目立つ前に、基本的なしつけを開始するとムダ吠えなども防ぎ易いです。困った行動は、身に付いてから治そうと思っても大変な手間暇がかかります。身に付く前に正しい行動が身に付けられる様に早めにしつけをすると犬も飼い主さんも楽です。ココをご覧の皆様に、早めのしつけをオススメします。

吠えの問題は、吠えている理由を探る所から始めます。それらの理由に応じて対応策が微妙に変わります。それに吠える事を減らす対応は、基本的なしつけ(アイコンタクト・オスワリ・マテ)などをして、それらの号令を利用してコントロール下におき、吠えにくい犬にしていく必要があります。が、残念ながらココで全てを説明するのは難しいのです。
基本的なしつけをする事。吠えの対応をする事は、早めに褒めてしつけるトレーナーについて習いましょう。

過去に行っていた『酢スプレーをかける』は、やめて頂いて正解です。吠えている最中に、面と向かって嫌な事をされたら、皆さんとの信頼関係は崩れます。罰を与えている事が、犬にバレているやり方は『体罰』です。体罰をしていると、体罰を与えられる前に攻撃に出る。か、過剰に怯えるなどの反応が出る可能性があるので、体罰はやめましょう。

手を叩くのも、音にどんどん慣れて鈍化してしまい効果は最初だけですので、やめましょう。

ジャレ噛みに関しては、噛み防止スプレーを使用する場合は、犬の見えない場所で噛まれそうな場所に塗りましょう。したたる位たっぷり塗るのがコツ。乾いたら塗りなおしましょう。お子さんが噛まれてケガをしない様に、犬と接触する時の服装はトレーナーとGパンが良いでしょう。この服の上からスプレーしてもOKです。

お子さんが噛まれない為に、お子さんが起きている間サークルに入れているのは1つの作戦として良いと思いますが。。。お子さんが起きている時間は長いのでサークルに入りっぱなしの時間が長いかと思います。長ければ出た時に、有り余るパワーが爆発して興奮し易く、ジャレ噛みに繋がり易いので、これは悪循環です。
入れる時間が長いのなら、居心地を良くしましょう。庭付き一戸建てシステムを参考にしてください。

他には有り余るパワーを発散させる為に、充分な散歩、運動が必要です。
ヘロヘロにさせて、ジャレ噛みするパワーを減らしましょう。

お子さんにも協力して貰う必要があります。
メロちゃんが、サークルから出られる時間を増やす為に、別の部屋で遊ぶ時間を増やしたり、メロちゃんと一緒に居る時には、メロちゃんを過剰に興奮させない様に、あおってチョッカイを出す遊びをしたり、走り回ったりしない様に協力して下さい。

それと、基本的なしつけをしておけばコントロールし易いです。リードをつけて同じ空間に居させ、落ち着けたら褒めてやりましょう。お子さんにジャレに行こうとしても、大人が、リードでコントロールし、襲わせないで済みます。襲われそうになったお子さんは、逃げたり騒いだりする事なく落ち着いていられれば、犬の興奮は収まり易いでしょう。

口輪は、上記の様な対応をしていけば使わないで済むと思います。
もっと危険な状態の犬であれば口輪も手段の1つでしょうが、メロちゃんにはまだ必要ないと思います。
具体的な解決策
<困った行動について>
  • 身に付く前に正しい行動が身に付けられる様に、早めにしつけをする。
  • 吠えの問題は、基本的なしつけ(アイコンタクト・オスワリ・マテ)をする事、吠えの対応をする事は、早めに褒めてしつけるトレーナーについて習う。
  • 酢スプレーをかけること、手を叩くことはやめる。
  • ジャレ噛みに関しては、噛み防止スプレーを使用する場合は、したたる位たっぷり塗り、乾いたら塗りなおし、犬の見えない場所で噛まれそうな場所に塗る。
  • 犬と接触する時の服装はトレーナーとGパンを着用し、この服の上からスプレーしてもOK。
  • サークルに入れる時間が長いのなら、居心地を良くし、庭付き一戸建てシステムを利用する。
  • 有り余るパワーを発散させる為に、充分な散歩、運動をし、ヘロヘロにさせてジャレ噛みするパワーを減らしましょう。

<お子さんに協力してもらう時>
  • メロちゃんを過剰に興奮させない様に、あおってチョッカイを出す遊びをしたり、走り回ったりしない様にする。
  • リードをつけて同じ空間に居させ、落ち着けたら褒める。
  • 襲われそうになったお子さんは、逃げたり騒いだりせず、落ち着いていることを心掛ける。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター