パパが近くにいないと子供達にじゃれて甘噛します。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. パパが近くにいないと子供達にじゃれて甘噛します。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

パパが近くにいる時はおとなしいのですが、いないと、3歳の子供達に遊んでほしいのか、じゃれて甘噛します。
子供達もそれなりにちょっかいかけているとは思いますが、息子の方は怖くて階段に登って逃げている状態です。
11歳の娘と私にはにはそれほどでもありませんが、困っています。
何か、お互いに方法はありませんか?

泉華将さん(愛知県)のカルテレポート
愛犬の名前: マロン
犬種: A.コッカ&T.プードル MIX
愛犬の年齢: 3ヶ月
愛犬の性別: メス
去勢避妊: なし
飼育場所: 室内
家族構成: パパ ママ 娘11歳 娘&息子3歳双子
【今まで試したこと】
 近くで声で怒る
口先を手で握る
問題点の解説
子供さんと犬との関係作りは、お子さん側にも協力してもらう必要があります。
ご両親の言う事が理解できて実行に移せる年齢のお子さんには是非とも協力してもらうと良いでしょう。
3歳であれば、我が家の姪っ子も3歳頃から犬との接触には簡単なルールを守るお約束が出来ているので、問題ないかと思います。

お子さん側に守ってもらう事は、犬と接する時は大人と一緒に、犬が寝ていたり、オモチャやガムなどで1人遊びをしている時には近づかない、犬の前で走らない、など犬を脅かす事をしないお約束をします。
犬側には、お子さんがオモチャなどで遊ぶ際はハウスなどに入って邪魔しない、お子さんと一緒の時にはりード付で行動し、オスワリやフセをしている時には褒められる習慣をつける、などのしつけを行ってください。
大人が犬をコントロール出来ない時には、ハウスで静かにする、などをルールにすると良いでしょう。

パパが居ない時に、悪い子になる様ですが、もしかしたらパパのしつけ方法が厳し過ぎるのかもしません。厳しい場合、怖い人がいないとその人がいなくなった時に反動で荒れる子もいます。家族全員で統一できる方法でトレーニングしましょう。

早めに褒めてしつける方法のトレーナーについてトレーニングを開始しましょう。
具体的な解決策
  • 子供さんと犬との関係作りは、お子さん側にも協力してもらう必要がある。
  • お子さん側とは、犬との接触のときの簡単なルールを守るお約束をすることで、犬を脅かさないようにしてもらう。
  • 犬側には、お子さんと一緒にいるときのためのしつけを行う。
  • 大人が犬をコントロール出来ない時は、ハウスで静かにする、などをルールにすると良い。
  • 家族全員で統一できる方法でトレーニングを行う。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター