玄関のチャイム(ピンポン)が鳴ると、火のついたように吠え続けて暴れまくります。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 玄関のチャイム(ピンポン)が鳴ると、火のついたように吠え続けて暴れまくります。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

マンション暮らしのため、吠えないようにしつけて概ね問題なく静かにしていますが、玄関のチャイム(ピンポン)にだけは火のついたように吠え続けて暴れまくります。宅配便の人や友達などが玄関に姿を見せても少し小さい声になって吠え続けます。

Pieちゃんさん(北海道)のカルテレポート
愛犬の名前: パイ
犬種: ミニチュアダックス
愛犬の年齢: 2歳7ヶ月
愛犬の性別: メス
去勢避妊: なし
飼育場所: 室内
家族構成: 夫、ヒョウモントカゲモドキ、観賞魚多数
【今まで試したこと】
 ・他のいたずらを制止するのと同じ声や動作で「だめ」と強く言う。
・夫が帰宅する時に玄関でチャイムを鳴らし「チャイムの後に怖いことは起きない」と印象付けさせるようにしているが、効果はない。
問題点の解説
ダックスは比較的吠え易い犬種なのに、ピンポン音以外は静かにしていられるのは、素晴らしいことですね。

今までの対処法で、『ダメ』と叱る方法は、ママも一緒になって吠えているように2人して興奮をしてしまい効果がなかったのかもしれません。

パパの帰宅での対処法は、既に今使っているインターホンの音に対して吠える習慣がついてしまっているので、その音を利用しつつ慣らす練習をしても進みが遅い場合があります。

可能であれば、全く違うタイプのピンポン音に換えて、その音が聞こえて静かにしていたら褒める。その音が聞こえたら、ハウスに入るように指示し、入ったら褒める。などで、ピンポン音と別の行動とを結びつける様に改めて教えるのであれば、効果が期待出来るかもしれませんね。

ただ、その行動を学習するまでは少々時間と根気が要るので、それまでの簡単な対処法としては、ピンポン音を小さくする。知人が来る場合は、ピンポンでなく電話や携帯メール(着信音よりバイブの方が良い)で合図を送ってもらい、来客時にイチイチ吠える経験をさせない工夫をする。不意の来客の場合は、玄関先まで吠えて飛び出して行かぬよう、別部屋に閉じ込めて、来客に対して吠えさせっぱなしにしないなどの対応をしてみてください。

細かい対応は褒めてしつけるドッグトレーナーについて習ってください。
具体的な解決策
褒めてしつけるドッグトレーナーに指導を受ける。
全く違うタイプのピンポン音に換えて、その音が聞こえて静かにしていたら褒める。その音が聞こえたら、ハウスに入るように指示し、入ったら褒める。
(上記対応をするまでの簡単な対処法)
ピンポン音を小さくする。知人が来る場合は、ピンポンでなく電話や携帯メール(着信音よりバイブの方が良い)で合図を送ってもらい、来客時にイチイチ吠える経験をさせない。
不意の来客の場合は、玄関先まで吠えて飛び出して行かぬよう、別部屋に閉じ込めて、来客に対して吠えさせっぱなしにしない。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター