1ヶ月くらい前にダイニングテーブルの上のおかずを盗み食いしてから、味をしめてテーブルの上の物をあさります。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 1ヶ月くらい前にダイニングテーブルの上のおかずを盗み食いしてから、味をしめてテーブルの上の物をあさります。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

1ヶ月くらい前にダイニングテーブルの上のおかずを盗み食いしてから、味をしめてテーブルの上の物をあさります。
テーブルの上は気をつけて食べ物を放置しないようにできるのですが、最近は料理をしているときに流し台(調理台)に足をかけてきて食べ物を取ろうとします。
包丁を持っていたり熱いものを置いたりしているので危なくて心配です。それに安心してご飯が作れません。

マイオさん(大分県)のカルテレポート
愛犬の名前: マイオ
犬種: ラブラドール・レトリーバー
愛犬の年齢: 6か月
愛犬の性別: オス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: 父・母・兄・祖母 他のペットなし
【今まで試したこと】
 すぐに叱って、足を払いのける。
オスワリのコマンドを出す。
食べ物を届く範囲に置かない(調理中は限界があります)。
人間が食べ物に対して壁になるように立つ。

毎回やっていますが、オスワリするのは一瞬で、すぐ繰り返します。
妨害するように立ち位置を変えると、別の方向に回り込んで同じようにします。
問題点の解説
一度でも盗み食いに成功してしまうと、次からも盗み食いを続ける様になりがちです。
犬種柄、大きいのでテーブルやカウンターに手が届いてしまうのも困りものですね。
現状では、これ以上絶対に盗み食いされない環境を作るのをオススメします。
調理中は勿論、キッチンに誰もいない時であっても、キッチンへの立ち入りを禁止しましょう。キッチンの入り口にフェンスを取り付けて絶対に入れなければ、安心して調理出来ますし、出来上がったお料理もカウンターに置いておけば盗まれる事は無くなります。

食事中も、フリーにしたまま食事をすると、隙を見て盗もうとしますし、盗みを阻止出来たとしても、落ち着いて食事が出来ないので、オススメ出来ません。
食事中は、ハウスしておく習慣にしましょう。
その際、ハウス内で暴れたり吠えたりしても、完璧に無視して食事を続ければ、そのうちに諦めるはずです。
具体的な解決策
  • まずはこれ以上絶対に盗み食いされない環境を作る。
  • 食事中は、ハウスしておく習慣にする。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター