引き取った犬と先住犬が喧嘩をしてしまいます。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 引き取った犬と先住犬が喧嘩をしてしまいます。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

平成23年10月7日に1歳1ヶ月になる雄の黒柴(飼育放棄で保健所に行く寸前)を引き取りました。
喧嘩(人間が仲裁に入るので噛みあいにまでは発展していません)をするので後輩犬の黒柴は玄関の中に長めのリードで繋ぎ、先住犬は今まで通り屋内で離し飼いにしています。
後輩犬の事が怖いのか現在先住犬は1日の大半を2階で過ごしています。なので1階にいる時は後輩犬に近づけないように隔離しています。
1日も早くお互い慣れてくれればと思う反面、このままでは折り合いがつかないとも感じています。不幸だった子なので最後まで責任と愛情をもって飼いたいと思っています。里子に出すような事は絶対にしたくありません。

やまださんさん(神奈川県)のカルテレポート
愛犬の名前: さくら
犬種:
愛犬の年齢: 8歳8ヶ月
愛犬の性別: オス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: 母、妹
【今まで試したこと】
 喧嘩勃発の際割って入って2頭を引き離すのですが、先住犬は口で言い聞かせ、後輩犬は仰向けにしてマズルをおさえています。(家族の中のリーダーは質問者である事を分からせ、先住犬よりも順位が低い事を分からせる為。)その時はお互いに静かになるのてすが、また時間がたつと喧嘩します。
その他ごはんや散歩など殆どの事を先住犬が先で後輩犬は後にしています。また先住犬には今まで以上に声をかけたり体を撫でたりしています。
問題点の解説
もしもどちらかの犬(又は双方)が他犬との挨拶や遊びの方法を学ぶ機会なく成長してしまっている場合は、いきなり同じ屋根の下でお互いにフリーで生活させるのは難しいかと思います。
現在は、会う度にケンカになってしまっているようですね。犬にも相性があります。
どうしても、同じ空間にいるのが許せないくらい合わない。という場合もあります。
ですがこれは、直接その状況を見ないと何とも言えません。
早めに専門家に犬達を直接見て判断をして貰う事をオススメします。
そして、それぞれを飼い主さんがきちんとコントロールする為、褒めてしつける方法で、基本的なしつけを開始してください。

専門家の判断により、相性が合わない。となっても、現状の様に隔離して生活させる事が出来ているのですから、お互いの為に安全・安心した隔離生活の環境を整えてあげましょう。

尚現在行っている、ケンカをした際、仰向けにしてマズルを抑える。という方法は、乱暴な方法で、そのうち反撃される可能性もあり大変危険です。
力ずくでコントロールするのではなく、正しい接し方で信頼出来る尊敬できる存在である事を伝えていってください。
具体的な解決策
・早めに専門家に犬達を直接見て判断をして貰う事をオススメします。
・それぞれを飼い主さんがきちんとコントロールする為、褒めてしつける方法で、基本的なしつけを開始してください。
・現在行っている、ケンカをした際、仰向けにしてマズルを抑える。という方法は、大変危険です。正しい接し方で信頼・尊敬できる存在である事を伝えてください。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター