散歩(朝・夕)のときにハーネスを付けるのを嫌がります。ハーネスや、手をかんだりします。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 散歩(朝・夕)のときにハーネスを付けるのを嫌がります。ハーネスや、手をかんだりします。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

散歩(朝・夕)のときにハーネスを付けるのを嫌がります。ハーネスや、手をかんだりします。誰に対しても同じです。
散歩自体は、ご飯より好きです。
首輪よりハーネスのほうが、呼吸が楽なようなので、ハーネスにしています。

大好きな散歩に早く楽しく連れて行ってあげたいので、気持ちよくハーネスをつけるコツがあれば教えてください。

快ちゃんさん(岡山県)のカルテレポート
愛犬の名前: 快(かい)
犬種: ポメラニアンとスピッツのMIX
愛犬の年齢: 5ヶ月
愛犬の性別: オス
去勢避妊: なし
飼育場所: 室内(リビング)
家族構成: 主人・私・中2、小5の娘
【今まで試したこと】
 おやつをあげながら付ける>じっとしない。あばれる。

「じっと」と声をかける。>他のときはじっとするのに、ハーネスをつけるときだけは聞いてくれない。

羽交い絞めにして付けようとする>ハーネスや手をかむ。

首輪に直接リードをつける>ハーネスより時間はかからないが、やはりかんだりして嫌がる。
問題点の解説
首に疾患などがない限り、犬の散歩は首輪がオススメです。ハーネスですと犬の動きをコントロールしづらいので、拾い食い、突進、飛びつきなどの散歩中の困った行動を制御するのが難しくなります。まずは首輪に変えましょう。首輪はベルトのようなバックルタイプの方が頑丈で安心です。首輪のサイズは後頭部の方へ引っ張ってみても抜けないかチェックしてから散歩に行くよう心がけてください。

オヤツを使いながらつけるのが一番やり易い方法だと思います。
その場合のオヤツは大きめで長く齧れるタイプの物を用意し、オヤツを固定し齧らせ始め、オヤツに夢中になっている頃にそっと付けましょう。暴れてもあちこちに逃げられないよう仕切った場所で行い、一度始めた事は必ずやりきれるようにしましょう。

散歩に行くのが嬉し過ぎて興奮し、首輪を付けるのが大変なのだと思うので、散歩に行かない時や、あえて散歩から帰って来て疲れてる時などを狙って、首輪付けの練習をしていちいち興奮しないようにしむけましょう。
具体的な解決策
ハーネスではなく、首輪を使用する
大きめで長く齧れるタイプのオヤツを固定し齧らせ始め、オヤツに夢中になっている頃にそっと付ける
散歩に行かない時や、あえて散歩から帰って来て疲れてる時などを狙って、首輪付けの練習をする
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター