子供たちが愛犬に近づくと唸り、噛みつこうとします。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 子供たちが愛犬に近づくと唸り、噛みつこうとします。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

私の側にいる時に子供たちが近づいてくると唸り、噛みつこうとします。 まだ噛まれたことはありません。子供たちはあまり気にしてなく、どいてと犬をどかします。すると、唸りきゃんきゃんと言いながらグルグル回り始めます。 私がキッチンにいる時には、子供たちが近づいてこようとする足音に反応し、一番に私の元に来て、後から子供たちが近づくとまた鳴きながらグルグル。散歩中も他の犬に先に吠えられたり、しつこくされると同じ行動をします。じーっと見られているだけでもこの行動をする時もありました。 パピー教室にも通っていましたが、怖がりで他の犬と遊ぶ姿は見られないまま卒業。心を許した人以外には触られるのが嫌なようで唸ります。散歩中はオヤツがあれば他人も我慢して触らせているという感じです。外ではうちの子供達には唸ったり、噛みつこうとはしません。 ただ、嫌な事、怖い事があると、鳴きながらグルグル回る行動をとり近くにいる人、犬をビックリさせてしまいます。

リツコさん(千葉県)のカルテレポート
愛犬の名前: リリー
犬種: チワワ
愛犬の年齢: 1歳8ヶ月
愛犬の性別: オス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: 主人、私、長女小2、次女年長
【今まで試したこと】
 子供達には、家の中で大きな足音をたてて走らない。犬の側でキャーキャー高い声を出さない。
回り始めたら大丈夫といいながら私がとめてしまっています。外でも同じ対応をしています。
この対応が良いのか悪いのかもよくわかりません。
数ヶ月過ぎて、段々外でもこの行動をする回数が増えてきてしまったので、どう対応したらいいのか知りたいです。
問題点の解説
現在行っているお子さんに、犬の前で走らない、騒がない。と伝えてくれているのは素晴らしい対応です!犬ばかり我慢させるのではなく、お子さんにも協力してもらう必要があります。
ワンちゃんがまだ若いので、ついお子さんの動きに釣られて興奮したりしてしまいがちです。まずは原因となるお子さんの動きを制御するのは大事ですね。
具体的な解決策
お子さんと、ママの取り合い(リリーちゃんが勝手にやっているだけですが)している感じですね。
ですが、必ずお子さんを優先させましょう。ましてやリリーちゃんが唸ったり吠えたりなどの望ましくない行動を取っている時に、リリーちゃんを抱いたり、なだめる為に声掛けしたりなどかまってしまうと、その悪い行動がかえって悪化してしまいます。

リリーちゃんの唸る、吠える、噛むなどの行動を悪化させない為に、お子さんとママが戯れる時にはリリーちゃんは、『庭付き一戸建てシステム』に退場させましょう。
サークル内でうるさくしても、完全に無視して戯れていてください。
そういった姿を見ても落ち着いていられたら、しっかり褒めましょう。

お子さんとリリーちゃんが一緒に部屋にいる際は、必ずリードを付けてコントロール下に置きお子さんに悪い行動をしようとしたら、リードで制御しましょう。

と、簡単な対処だけ書きます。
文章を読んだだけでは正しい対応が出来ません。早めに褒めてしつけるドッグトレーナーについてトレーニングを開始してください。
グループレッスンではなく、自宅へ出張してくれるタイプの個別レッスンで細かい対応を習ってくださいね。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター