環境に変化があり、5才半で急にトイレを失敗するようになりました。ストレスからでしょうか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 環境に変化があり、5才半で急にトイレを失敗するようになりました。ストレスからでしょうか?

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

小さい頃からトイレはきちんとトレーでしていたのに、この2ヶ月、失敗が徐々に増えています。今日はトレーで1回、失敗は4回、今までの最高記録なのでご相談することにしました。主にケージを出たすぐの所にしています。犬の部屋はウチに来たときから5畳くらいの専用のスペースに、お留守番と夜寝るためのケージ・外出用のクレート・トイレトレーと食事場所と分けてあります。トイレトレーはケージとクレートの間、食事場所は反対側です。一度も配置換えをしたことはありません。
5年間、トイレトレーにした時はほめてご褒美をあげてきました。朝夕散歩に出たときは外でもします。3月にちょいちょいかまってくれていた私と同居の父が入院、4月に亡くなってしまいました。犬から見ると父は自分より目下だったと思います。
トイレの失敗が始まったのはその頃からです。父が入院中は私が犬と遊ぶ時間は少なくなりました。葬儀も終わり、この2週間は元の生活に戻っていますが、トイレの失敗は続いています。

ぴろろれもんさん(東京都)のカルテレポート
愛犬の名前: びび
犬種: Mシュナウザー
愛犬の年齢: 5才
愛犬の性別: メス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: 自分・夫・成人した子
【今まで試したこと】
 ケージを出たすぐのところでするので、試しにトレーをそこに置くと、トレーのあった場所に行ってするし、トイレシートを敷き詰めると、トイレシートの無いところでします。そしてどこでしても知らせには来ます。
私は粗相をしたときは黙って片付け、トレーでできた時は褒めることを繰り返していますが、一向に治りません。また、以前よりナーバスになっていて、外から聞こえる靴音でも唸って私の足下に隠れようとします。
父を亡くしましたが今の私の精神状態はニュートラルです。犬の様子を見ていると何か不安なことがあるようにも思えますがわかりません。どうしたら良いでしょうか。
問題点の解説
ずっと上手に出来てきたのに、急に粗相が増えてきた。
変わった事といえば、お父さまがお亡くなりになったという事だけ。ですが、ずっと一緒に暮らしていた家族が突然いなくなってしまうのは、人間だけでなく犬にとってもショックな出来事です。粗相が増えたり、物音に敏感になってナーバスになっているのも無理はありません。
幸いご相談者さんの精神状態がニュートラルという事なのでまだ影響が少なくて済んでいるのかもしれませんね。
具体的な解決策
現在対応している、粗相にノーリアクション、上手に出来た際には褒める対応は正解ですので続けてください。
あとは、子犬の頃の初めてトイレを教えていた頃のしつけからやり直して教え直す必要もあります。
何事もスランプに陥ったら、初心に帰るのが一番です。

その上で、犬の内面に働きかけるバッチフラワーレメディを飲ませて心の中から落ち着けるようにサポートしてあげましょう。 私がいつも生徒さんに紹介しているバッチフラワーレメディを販売してくれるサイトを紹介しておきます。参照ください。 『レスキューナイン』(外部サイト)
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター