ご飯時に興奮して、お皿を置く手に体当たり・歯を当てる・酷い時は噛みます。どのような躾をすれば改善できますか?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. ご飯時に興奮して、お皿を置く手に体当たり・歯を当てる・酷い時は噛みます。どのような躾をすれば改善できますか?

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

ご飯時に非常に興奮してお皿を置く手に体当たり、歯を当てる、酷い時は噛みます。
以前はお利口に座って待っていたのですが、皮膚アレルギーがあり、病院での薬浴で長く預けたことがあってから変化したように思われます。
また食物アレルギーと胃弱があるため、専用のフードと薬等の用意で、ご飯の準備に時間がかかり、それを待っている間に興奮し、ご飯を置く時点でMAXになるようです。
待てをさせてはいますが、うまくいく時といかない時があります。

紅麹家様さん(大阪府)のカルテレポート
愛犬の名前: ちょび太
犬種: チワワ
愛犬の年齢: 5歳
愛犬の性別: オス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: 友人(女性)
【今まで試したこと】
 歯を当てたら、リードをつけて「お座り・待て・ふせ」を何度もさせます。
問題点の解説
ご飯の準備を食事の直前に行い、興奮している状態の犬に食事を与える環境は、食事の準備の時間を変化させて興奮が収まる頃に与えるようにしたいところです。ですが、お薬の都合上、食事を与える直前に準備せねばならないのであれば、以下の対応をしてください。
具体的な解決策
事前にリードをつけておき食事の準備が出来たら、自分を中心に左にリードを短めに持ち、右手を一番伸ばした位置に食器を置きましょう。興奮して飼い主さんに飛びついたり噛みついている時にはリードでコントロールして噛まれないように注意しつつ行います。
勝手に食べようとしたら、リードで食器に辿り着けないように止めてください。この時、食べさせまいとして食器を取り上げる事はしないでください。
興奮MAXの時に号令をかけるのではなく、少しお互いに静かにしてクールダウンさせてから、右手に食事より美味しいご褒美を持ち、そのご褒美を使ってオスワリへ誘導しましょう。食事を貰う前にオスワリをすれば美味しいご褒美が貰えるので、このシステムを理解すればオスワリをして落ち着き易くなると思います。

現在行っているノーリードで食事を与える方法では、食器を置く手に噛みついた際に食事が貰えるという、悪い行動に報酬が出ている状態ですので、ノーリードでの対応は避ける必要があります。

尚、今回お伝えした練習をするにあたり、リードを着けようとする手や、リードを持とうとする手に飛び掛かったり、噛もうとして来る場合があるかもしれませんが、その際、怯んで着ける事や持つ事を中断せず、最後まで必ずやり切ってください。

現在やっている、歯を当ててからリードをつけるのは遅いタイミングなのでやめましょう。噛んだからといって食事前に何度も号令をかけても、余計に興奮をあおるのでそのタイミングではやめましょう。

理由は何であれ、飼い主さんに噛みつくという行為は望ましくありません。早めに褒めてしつけるドッグトレーナーについてトレーニングを開始してください。
お答えしたのは…犬の訓練士 戸田美由紀先生です。

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター