目のお手入れについて

アイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. アイリスペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫のからだ・お手入れ
  4. トリマーさんが教える猫のトリミング講座
  5. 目のお手入れについて

トリマーさんが教える猫のトリミング講座

目のお手入れについて

写真

目の病気を防止、病気の早期発見にもなるので
こまめに目のお手入れをするように心がけましょう。

1.目のお手入れの意味

人間が目やにが出るように猫も目やにが出ます。目の病気を防止、病気の早期発見にもなるのでこまめに目のお手入れをするように心がけましょう。
特に鼻の低い猫(ペルシャ、ヒマラヤン系)は鼻涙管(目と鼻の間の管…涙はここを通って鼻にぬけます)が曲がっているので涙が目からあふれ、涙やけなどを起こしやすいので注意しましょう。

2.眼の健康度チェック!

以下の項目に愛猫が当てはまったら要注意、きちんとお手入れをしてあげる、気になるようだったら動物病院に連れて行って診てもらったほうがいいかもしれません。

Check1 最近、目やにの出る量が多い
Check2 最近、涙やけがひどい
Check3 粘膜性の黄緑色の目やにがでる
Check4 目に透明度が無く、全体的に濁っている

3.目のお手入れ方法

準備するもの:ガーゼ、綿棒

写真

濡らしたガーゼ・綿棒で目の周りの汚れ・目やにを取ります。

[注意]
ティッシュやペーパータオルは繊維が荒いため、目が傷つく恐れがあるので使わないようにしましょう。

写真

○目の中に入ったごみなどを取り除く時は?

準備するもの:ホウ酸、ホウ酸を溶かす容器
(100円ショップで売っている化粧水などを入れ替える詰め替え容器がおすすめ!)

写真

【ホウ酸水の作り方】
ホウ酸3gを約60℃のお湯(150ml)で溶かし、冷ます。
ホウ酸は¥200前後で薬局で売られています。
使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

【やり方】
猫の頭を手や腕などで固定してホウ酸水を点眼し、ゴミを洗い流す。
でも猫が暴れたりするようだったら無理をせず、獣医師に見せましょう。

4."涙やけ"ってなに?

眼の表面を被うものが涙液つまり涙で、この涙は涙腺などで作られ目を誇りや細菌ウィルスなどから保護するという大事な役目があります。
この涙が過剰に分泌されたり涙の排出経路に問題が起きると眼の回りにあふれ出て被毛を常時濡らすようになります。この状態が長く続くと毛が涙の成分で変質し茶褐色の「涙やけ」という現象をおこします。

涙が眼からあふれ出るのは涙の分泌が多くなった時、つまり角膜や結膜に炎症が起きた場合などがあげられます。
涙の排出経路の鼻涙管が詰まったり、先天的に細かったりすると鼻腔に余分な涙が排出できず眼の回りにあふれて涙やけの原因になります。

【涙やけになってしまったら…】
病院で眼の精密な検査を受けてください。中には上記の原因以外にも急に眼の内圧(眼圧)があがり失明する急性の緑内障もありますので眼の診察が上手い獣医師に早めに診てもらうことをおすすめします。

写真
今回のモデルも『うめ』でーす!

写真

健康できれいな目でいられるように、目の周りなどはお手入れなどで清潔にしてあげましょう。

▲このページのトップへ

おすすめコンテンツ

▲このページのトップへ

≪トリマーさんが教える猫のトリミング講座のトップへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。